VMware Horizon Client ドライブ リダイレクト ADMX テンプレート ファイル (vdm_agent_cdr.admx) に、クライアント ドライブのリダイレクト機能に関連するポリシー設定が含まれます。

クライアント ドライブ リダイレクトの設定は、グループ ポリシー管理エディタの [VMware View Agent の構成] > [VMware Horizon クライアント ドライブ リダイレクト] フォルダにあります。

表 1. クライアント ドライブ リダイレクトの設定
設定 コンピュータ ユーザー プロパティ
Display redirected device with drive letter X クライアント ドライブ リダイレクト機能でリダイレクトされるドライブのドライブ文字を表示するかどうかを指定します。

デフォルトでは、この設定は有効になっています。

Timeout for drive letter initialization X クライアント ドライブ リダイレクト機能でリダイレクトされるドライブのドライブ文字を Windows エクスプローラが初期化して表示するまでの待機時間をミリ秒単位で指定します。

この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、デフォルト値は 5,000 ミリ秒になります。

クライアント デバイスをフィルタリングするポリシー設定

クライアント ドライブ リダイレクトのデバイス フィルタリングの設定は、グループ ポリシー管理エディタの [VMware View Agent の構成] > [VMware Horizon クライアント ドライブ リダイレクト] > [デバイス フィルタリング] フォルダにあります。

デバイス フィルタリング機能は、Horizon Client for Windows、Mac、Linux バージョン 5.1 以降でのみ機能します。これらのデバイス フィルタリング ポリシーを設定した場合、他のクライアント(Android、iOS、Chrome、Horizon Client バージョン 5.0 以前など)でクライアント ドライブ リダイレクトが無効になります。

表 2. デバイス フィルタリングの設定
設定 コンピュータ ユーザー プロパティ
Exclude Vid/Pid Device X 指定したベンダーと製品 ID のデバイスが、クライアント ドライブ リダイレクト機能から除外されます。

ID 番号は 16 進数で指定する必要があります。ID の各桁にワイルドカード文字 (*) を使用できます。複数のデバイスを区切るにはセミコロンを使用します。例:

vid-0781_pid-554c;vid-0781_pid-****

デフォルト値は未定義です(デバイスは除外されません)。

この設定は、[Vid/Pid デバイスを含める] の設定よりも優先されます。

注: : すべてのデバイスに対してクライアント ドライブ リダイレクトを無効にするには、 vid-****_pid-**** を指定します。
Include Vid/Pid Device X クライアント ドライブ リダイレクト機能でリダイレクトするデバイスのベンダーと製品 ID を指定します。

ID 番号は 16 進数で指定する必要があります。ID の各桁にワイルドカード文字 (*) を使用できます。複数のデバイスを区切るにはセミコロンを使用します。例:

vid-054C_pid-0099;vid-8888_pid-****

デフォルト値は未定義です(すべてのデバイスが対象になります)。