接続サーバによって承認されるセキュリティ プロトコルおよび暗号化スイートを構成できます。複製されたグループ内のすべての 接続サーバ インスタンスに適用されるグローバルな承諾ポリシーを定義することも、それぞれの接続サーバ インスタンスおよびセキュリティ サーバについて承諾ポリシーを定義することもできます。

また、接続サーバ インスタンスが vCenter Server および View Composer に接続するときに提案するセキュリティ プロトコルおよび暗号化スイートを構成することもできます。複製されたグループ内のすべての接続サーバ インスタンスに適用されるグローバルな提案ポリシーを定義できます。グローバルな提案ポリシーを免除される個別のインスタンスは定義できません。
注: : 接続サーバのセキュリティ設定は Blast Secure Gateway (BSG) に適用されません。BSG のセキュリティを個別に構成する必要があります。 Blast Secure Gateway のセキュリティ プロトコルと暗号化スイートの構成を参照してください。

Oracle の Unlimited Strength Jurisdiction Policy ファイルが標準として含まれており、デフォルトで 256 ビットのキーを利用できます。