ESXi ホストおよび仮想マシンをアップグレードする作業は、Horizon 7 アップグレードのこの中盤で最も時間のかかる部分です。

以下の手順では、2 番目およびそれ以降のメンテナンス期間の間に実行が必要な作業の概要について説明します。一部の作業の実行には、『VMware vSphere アップグレード ガイド』および『Horizon 7 の管理』に記載されている手順が必要になる場合があります。

vCenter Server および ESXi のバージョンと互換性があるバージョンについての詳細は、http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php の VMware 製品の互換性一覧を参照してください。

重要: : 次の表では、特定の仮想ハードウェアに依存するため、仮想マシンのアップグレードが必要になる場合がある Horizon 7 機能について説明します。
表 1. 特定の機能に必要な仮想マシン ハードウェア バージョン
機能 仮想ハードウェア バージョン 対応する vSphere バージョン
リンク クローン プールのスペース効率的なディスク形式 9 以降 vSphere 5.1 以降
VMware®vSAN® データストア、第 1 バージョン 10 以降 vSphere 5.5 Update 1 以降
VMware vSAN データストア、第 2 バージョン 11 以降 vSphere 6.0 以降
VMware Virtual Volumes データストア 11 以降 vSphere 6.0 以降
ネイティブ NFS スナップショット テクノロジ (VAAI) 9 以降 vSphere 5.1 以降
Virtual Shared Graphics Acceleration 8 以降 vSphere 5.0 以降
Virtual Dedicated Graphics Acceleration 9 以降 vSphere 5.1 以降
NVIDIA GRID vGPU Graphics Acceleration 11 以降 vSphere 6.0 以降

前提条件

手順

  1. ESXi ホストを 1 クラスタずつアップグレードします。
    手順については、『 VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。クラスタに vSAN データストアが含まれている場合は、『 VMware vSANの管理』で、 vSAN クラスタのアップグレードに関する章を参照してください。この章には、ESXi ホストのアップグレードに関するトピックが含まれます。

    クラスタが多数ある場合は、この手順を完了するために複数のメンテナンス期間が必要となることがあります。ESXi ホストのアップグレードでは、次の作業を実行する場合があります。

    1. VMware vSphere® vMotion® を使用して、仮想マシンを ESXi ホストの外に移動します。
    2. ホストをメンテナンスモードにします。
    3. アップグレードを実行します。
    4. VMotion を使用して、仮想マシンをホスト上に戻します。
    5. ESXi ホストのアップグレード後の作業を実行します。
    前提条件で示したように、すべてのホストはクラスタのメンバーである必要があります。
  2. アップグレードしたホストが自動的に vCenter Server に再接続されない場合は、vSphere Client を使用してホストを vCenter Server に再接続します。
  3. View Composer を使用する場合は、すべての ESXi ホストをアップグレードした後、vCenter Server ホストで View Composer サービスを再起動します。
  4. (オプション) すべての親仮想マシン上の VMware®Tools™ および仮想マシンと、仮想マシン テンプレート、および接続サーバ インスタンスなどの Horizon 7 Server コンポーネントをホストしている仮想マシンをアップグレードします。
    1. VMware vSphere アップグレード ガイド』の説明に従って、ダウン タイムの計画を立てます。
    2. VMware Tools を更新し、リモート デスクトップのソースとして使用される仮想マシンの仮想マシン ハードウェアをアップグレードします。
      VMware vSphere® Update Manager™ を使用しない場合の詳しい手順については、『 VMware vSphere 仮想マシン管理』ドキュメントの仮想マシンのアップグレードに関する章を参照してください。

      VMware vSphere Update Manager を使用すると、特定のフォルダ内にあるすべての仮想マシンで、VMware Tools の次に仮想ハードウェア バージョンという正しい順序で更新できます。『VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。

  5. (オプション) 各仮想マシンで完全クローン デスクトップを使用する場合は、VMware Tools とリモート デスクトップのソースとして使用される仮想マシンの仮想ハードウェアをアップグレードします。
    VMware vSphere® Update Manager™ を使用しない場合の詳しい手順については、『 VMware vSphere 仮想マシン管理』ドキュメントの仮想マシンのアップグレードに関する章を参照してください。

    vSphere Update Manager を使用すると、特定のフォルダ内にあるすべての仮想マシンで、VMware Tools の次に仮想マシンのハードウェア バージョンという正しい順序でアップデートを実行できます。『VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。

次のタスク

エージェント ソフトウェアをアップグレードします。View Agent または Horizon Agent のアップグレードを参照してください。