Horizon 7 コンポーネントとは別に vSphere コンポーネントを個別にアップグレードする場合は、一部の Horizon 7 データをバックアップし、一部の Horizon 7 ソフトウェアを再インストールする必要があります。

Horizon 7 コンポーネントと vSphere コンポーネントの統合アップグレードを実行する代わりに、最初にすべての Horizon 7 コンポーネントをアップグレードしてから vSphere コンポーネントをアップグレードしたり、その逆の順序でアップグレードしたりすることができます。vSphere の新しいバージョンまたは更新がリリースされたときに、vSphere コンポーネントのみをアップグレードすることもできます。

Horizon 7 コンポーネントとは別に vSphere コンポーネントを個別にアップグレードする場合、次の追加タスクを実行する必要があります。

  1. vCenter Server をアップグレードする前に、vCenter Server データベースと View Composer データベースをバックアップします。
  2. vCenter Server をアップグレードする前に、vdmexport.exe ユーティリティを使用して、Horizon Connection Server インスタンスから Horizon LDAP データベースをバックアップします。

    手順については、『Horizon 7 の管理』ドキュメントを参照してください。レプリカ グループ内に接続サーバ インスタンスが複数存在する場合は、1 つのインスタンスからのみデータをエクスポートするだけでかまいません。

  3. View Composer を使用する場合は、特定の vCenter Server インスタンスで管理されているすべての ESXi ホストをアップグレードした後、そのホストで View Composer サービスを再起動します。
  4. リモート デスクトップとして使用されている仮想マシンの VMware Tools をアップグレードした後、Horizon Agent を再インストールします。

    Horizon Agent を再インストールすると、仮想マシンのドライバとその他の Horizon 7 コンポーネントとの互換性が引き続き確保されます。

    Horizon Agent インストーラを実行する手順については、『Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』ドキュメントを参照してください。