接続サーバには、vCenter Server のインスタントクローン仮想マシンと仮想マシンが含まれているクラスタのメンテナンスに使用できる、ユーティリティが 2 つあります。

ユーティリティは IcMaint.cmdIcUnprotect.cmd で、C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\tools\bin にあります。

IcMaint.cmd

このコマンドは、vCenter Server で親仮想マシンのマスター イメージを ESXi ホストから削除します。これにより、ホストをメンテナンス モードに切り替えることができます。ホストは自動的にメンテナンス モードになりません。ホストでメンテナンスを行うには、vCenter Server 管理者が手動でホストをメンテナンス モードに切り替える必要があります。

構文:

        IcMaint.cmd
        -vc
        hostname_or_IP_address
        -uid
        user_ID
        -password
        password
        -hostName
        ESXi_hostname
        -maintenance
        ON|OFF
      

パラメータ:

  • -vc host name or IP address of vCenter Server
  • -uid vCenter Server user ID
  • -password vCenter Server user password
  • -hostname ESXi host name
  • -maintenance ON|OFF

    このパラメータには、ホストがマスター イメージ仮想マシンのホスティングに使用可能かどうかを指定します。

    ホストでコマンドを実行すると、InstantClone.Maintenance のアノテーション値が 1 に設定され、マスター イメージ仮想マシンが削除されます。マスター イメージ仮想マシンが削除されると、InstantClone.Maintenance のアノテーション値が 2 に設定され、マスター イメージ仮想マシンがホストに作成されなくなります。-maintenanceOFF を指定してこのコマンドを再度実行すると、InstantClone.Maintenance アノテーション値がクリアされ、ホストでマスター イメージ仮想マシンのホスティングが可能になります。

すべてのパラメータは必須です。

IcUnprotect.cmd

ClonePrep がフォルダと仮想マシンを作成したら、このユーティリティを使用して、フォルダと仮想マシンの保護解除、仮想マシンの削除、マスター イメージまたはスナップショットが削除された仮想マシンの検出を実行できます。ClonePrep は、作成プロセス中にインスタント クローンをカスタマイズするメカニズムです。

注: : インスタント クローンの操作で実行されるインスタント クローンの内部サービスが、内部フォルダの再保護が必要かどうか確認します。これらのフォルダが空ではない場合、サービスはフォルダを自動的に保護します。

構文:

        IcUnprotect.cmd
        -vc
        hostname_or_IP_address
        -uid
        user_ID
        -password
        password[-includeFolders][-skipCertVeri]

パラメータ:

  • -action

    このパラメータには、次のオプションを使用できます。

    • unprotect。内部仮想マシンの保護を解除します。
    • delete。内部仮想マシンを削除します。
    • detectマスター イメージまたはスナップショットが削除された内部仮想マシンを検出し、一覧表示します。

    -action パラメータを指定しない場合、デフォルトでは、内部仮想マシンの保護が解除されます。

  • -vc host name or IP address of vCenter Server
  • -uid vCenter Server user ID
  • -password vCenter Server user password
  • -clientId instant-clone client ID(オプション)

    clientId が指定されていない場合、すべてのデータセンターにおけるすべての ClonePrep 仮想マシンの保護が解除されます。

  • -domain domain name(オプション)

    複数のドメイン名を指定できます。複数の名前を指定する場合には、名前をカンマで区切ります。名前と名前の間にスペースは入れないでください。

  • -host host name(オプション)

    複数のホスト名を指定できます。複数の名前を指定する場合には、名前をカンマで区切ります。名前と名前の間にスペースは入れないでください。

  • -datastore datastore name(オプション)

    複数のデータストア名を指定できます。複数の名前を指定する場合には、名前をカンマで区切ります。名前と名前の間にスペースは入れないでください。

  • -vmName VM name(オプション)

    複数の仮想マシン名を指定できます。複数の名前を指定する場合には、名前をカンマで区切ります。名前と名前の間にスペースは入れないでください。

  • -vmType internal VM type(オプション)

    複数の仮想マシン タイプを指定できます。複数のタイプを指定する場合には、タイプをカンマで区切ります。タイプとタイプの間にスペースは入れないでください。このパラメータのオプションとして、テンプレート、レプリカ、親を使用できます。

  • -includeFolders include folders

    このパラメータは、仮想マシンだけでなくフォルダのセキュリティも解除します。

  • -skipCertVeri skip certification verification

    IcUnprotect.cmdでホスト名の検証を強制します。コマンドのパラメータを指定する場合は、IP アドレスではなく、vCenter Server の正しいホスト名を入力してください。ホスト名の検証を無効にし、vCenter Server の IP アドレスを使用する場合は、-skipCertVeriを使用します。

vCenter Server のすべての親仮想マシンを削除するには、次のパラメータを指定します。

IcUnprotect -action delete -vc <IP address of vCenter Server> -uid <vCenter Server user ID> -password <vCenter Server password> -clientId <instant clone client ID> -host <hostname 1>,<hostname 2> -vmType parent

vCenter Server の特定の親仮想マシンを削除するには、次のパラメータを指定します。

IcUnprotect -action delete -vc <IP address of vCenter Server> -uid <vCenter Server user ID> -password <vCenter Server password> -clientId <instant clone client ID> -host <hostname 1>,<hostname 2> (-vmType parent) -vmName <parent VM name 1,parent VM name 2)