ClonePrep は、作成プロセス中にインスタント クローンをカスタマイズします。

ClonePrep は、インスタント クローンがすべて Active Directory ドメインに参加することを確約します。クローンのコンピュータ セキュリティ ID (SID) は、マスター イメージと同じものになります。ClonePrep は、アプリケーションのグローバル一意識別子 (GUID) も保持します。ただし、一部のアプリケーションではカスタマイズ中に新しい GUID が生成されることがあります。

インスタントクローン デスクトップ プールを追加すると、クローン作成後にすぐにスクリプトを実行し、クローンがパワーオフされる前に別のスクリプトを実行するよう指定できます。

ClonePrep でのスクリプトの実行方法

ClonePrep は、スクリプトを実行するために Windows CreateProcess API を使用します。スクリプトは、CreateProcess API で作成できる任意のプロセスを呼び出すことができます。たとえば、cmdvbscriptexe、およびバッチ ファイル プロセスは、この API で動作します。

特に、ClonePrep は、スクリプトのパスを 2 番目のパラメータとして CreateProcess API に渡し、最初のパラメータを NULL に設定します。たとえば、スクリプト パスが c:\myscript.cmd の場合、CreateProcess の呼び出しは CreateProcess(NULL,c:\myscript.cmd,...) となります。

ClonePrep スクリプトへのパスの指定

デスクトップ プールを作成または編集するときに、そのスクリプトを指定できます。スクリプトは、マスター イメージに配置する必要があります。ネットワーク共有の UNC パスは使用できません。

スクリプトの実行にインタープリタが必要なスクリプト言語を使用する場合は、スクリプト パスをインタープリタの実行可能形式で始める必要があります。たとえば、C:\script\myvb.vbs ではなく、C:\windows\system32\cscript.exe c:\script\myvb.vbs と指定する必要があります。

重要: : 許可されていないアクセスを防止するために、ClonePrep カスタマイズ スクリプトを安全なフォルダに入れてください。

ClonePrep スクリプトのタイムアウト制限

デフォルトでは、ClonePrep はスクリプトの実行が 20 秒を超える場合に、スクリプトを終了します。このタイムアウトの上限は引き上げることができます。詳細については、ClonePrep および QuickPrep カスタマイズ スクリプトのタイムアウト制限の引き上げを参照してください。

あるいは、別のスクリプトを実行するスクリプトまたは実行に長時間かかるプロセスを指定できます。

ClonePrep スクリプト アカウント

ClonePrep は、VMware Horizon Instant Clone Agent サービスが使用するアカウントと同じアカウントを使用してスクリプトを実行します。デフォルトでは、このアカウントはローカル システムです。このログイン アカウントを変更しないでください。変更すると、クローンは起動に失敗します。

ClonePrep プロセスの権限

セキュリティ上の理由により、Windows オペレーティング システムの一部の権限は、ClonePrep カスタマイズ スクリプトを実行する VMware Horizon Instant Clone Agent プロセスから取り除かれます。そのスクリプトは、これらの権限を必要とするアクションを実行できません。

ClonePrep スクリプトを実行するプロセスには、次の権限がありません。

  • SeCreateTokenPrivilege
  • SeTakeOwnershipPrivilege
  • SeSecurityPrivilege
  • SeSystemEnvironmentPrivilege
  • SeLoadDriverPrivilege
  • SeSystemtimePrivilege
  • SeUndockPrivilege
  • SeManageVolumePrivilege
  • SeLockMemoryPrivilege
  • SeIncreaseBasePriorityPrivilege
  • SeCreatePermanentPrivilege
  • SeDebugPrivilege
  • SeAuditPrivilege

ClonePrep スクリプトのログ

ClonePrep は、ログファイルにメッセージを書き込みます。ログファイルは、C:\Windows\Temp\vmware-viewcomposer-ga-new.log です。