QuickPrep システム ツールを使用して、親仮想マシンから作成されたリンク クローン マシンを個人用に設定できます。View Composer は、リンク クローン マシンが作成または再構成される際に QuickPrep を実行します。

QuickPrep は、次のいくつかの方法でリンク クローン マシンをカスタマイズします。

  • コンピュータに、リンク クローン プールを作成するときに指定した名前を付けます。
  • Active Directory 内にコンピュータ アカウントを作成し、そのコンピュータを適切なドメインに参加させます。
  • View Composer の通常ディスクをマウントします。Windows ユーザー プロファイルはこのディスクにリダイレクトされます。
  • 一時ファイルとページング ファイルを別のディスクにリダイレクトします。

これらの手順では、リンク クローンを 1 回以上再起動しなければならない場合があります。

QuickPrep は KMS ボリューム ライセンス キーを使用して、Windows リンククローン マシンをアクティベーションします。詳細については、『Horizon 7 管理ガイド』を参照してください。

リンク クローンをさらにカスタマイズする独自のスクリプトを作成できます。QuickPrep は、あらかじめ定義されたタイミングで 2 種類のスクリプトを実行できます。

  • リンク クローンが作成または再構成された後
  • リンク クローンがパワーオフされる直前

QuickPrep のカスタマイズ スクリプトの使用に関するガイドラインおよびルールについては、QuickPrep カスタマイズ スクリプトの実行を参照してください。

注: : リンク クローン マシンを Active Directory ドメインに参加させるには、View Composer でドメインのユーザー認証情報が必要です。詳細については、『 Horizon 7 管理ガイド』を参照してください。