Windows Update 機能を無効にすることで、ファイル システムに対する一部の I/O 処理を回避し、インスタント クローンまたは View Composer リンク クローンの仮想ディスクの拡大を低減できます。

Windows Update を無効にする前の環境の必要性の評価この機能を無効にする場合は、手動で親仮想マシンまたはマスター イメージの更新プログラムをダウンロードし、インスタント クローンのプッシュイメージ操作または View Composer リンク クローンの再構成を使用して、すべてのクローンに更新を適用できます。

次の手順は、Windows 7 および Windows 8 に適用されます。別の Windows オペレーティング システムでは手順が異なる可能性があります。

手順

  1. vSphere Client で、親仮想マシンを選択し、[コンソールを開く] を選択します。
  2. 管理者としてログインします。
  3. [スタート] > [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [自動更新の有効化または無効化] をクリックします。
  4. [重要な更新プログラム] メニューで、[更新プログラムを確認しない] を選択します。
  5. [推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する] の選択を解除します。
  6. [すべてのユーザーにこのコンピューターへの更新プログラムのインストールを許可する] の選択を解除し、[OK] をクリックします。