Windows のシステムの復元機能を無効にすることで、ファイル システムに対する一部の I/O 処理を回避し、インスタント クローンまたは View Composer リンク クローンの仮想ディスクの拡大を低減できます。

システムの復元により、マシンの状態を以前の特定時点における状態に戻すことができます。インスタント クローンのプッシュ イメージ操作、および View Composer リンク クローンの再構成または更新操作を実行する場合と同じ結果を達成できます。さらに、インスタント クローンにより、ユーザーがログアウトするとマシンが再作成され、システムの復元が不要になります。

次の手順は、Windows 7 および Windows 8 に適用されます。別の Windows オペレーティング システムでは手順が異なる可能性があります。

手順

  1. vSphere Client で、親仮想マシンを選択し、[コンソールを開く] を選択します。
  2. 管理者としてログインします。
  3. [スタート] > [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [管理ツール] をクリックします。
  4. [タスク スケジューラ] を選択し、[開く] をクリックします。
  5. 左ペインで、[タスク スケジューラ ライブラリ][Microsoft][Windows] を展開します。
  6. [SystemRestore] をダブルクリックし、[SR] を選択します。
  7. [アクション] ペインで、[無効化] をクリックします。