仮想マシンのクローンを作成する前に、クローンの基準となる仮想マシン テンプレートを作成する必要があります。

前提条件

手順

  1. vSphere Web Client または vSphere Client で新しい仮想マシンを作成します。
  2. カスタム構成オプションを構成します。
    1. 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] をクリックします。
    2. vCPU の数と vMemory のサイズを指定します。
      お使いの Linux ディストリビューションのインストール ガイドに記載されている vCPU と vMemory サイズのガイドラインに従ってください。
      たとえば、Ubuntu 18.04 では、2048 MB の vMemory と 2 台の vCPU を構成することが指定されています。
    3. [ビデオ カード] を選択して、ディスプレイの数とビデオ メモリ (vRAM) の合計を指定します。
      VMware のドライバを使用し、2D や vSGA を使用する仮想マシンについては、vSphere Web Client で vRAM のサイズを設定します。vRAM のサイズは、NVIDIA のドライバを使用する vDGA や NVIDIA GRID vGPU マシンには影響しません。

      Horizon 7 for Linux のシステム要件にあるガイドラインに従ってください。ビデオ メモリ計算ツールは使用しないでください。

  3. 仮想マシンをパワーオンして、Linux ディストリビューションをインストールします。
  4. たとえば、ViewUser など root 権限のあるユーザーを作成します。このユーザーは、Horizon Agent のインストールとアンインストールにのみ使用されます。
  5. /etc/sudoers を編集して、行 ViewUser ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL を追加します。
    /etc/sudoers のこの行では、ViewUser として sudo を実行するためにパスワードは必要ありません。この章で説明しているようにサンプル スクリプトを実行して Horizon Agent をインストールする場合、入力として ViewUser を指定します。
  6. Linux ディストリビューションが RHEL、CentOS、または NeoKylin である場合、/etc/sudoers を編集して、次の行をコメント アウトします。
    Defaults requiretty
    Defaults !visiblepw
  7. Linux ディストリビューションが RHEL 7、CentOS 7、SLED 12、または SLES 12 ではない場合、VMware Tools をインストールします。
    RHEL 7、CentOS 7、SLED 12、および SLES 12 には、デフォルトで >Open VM Tools がインストールされています。
  8. 依存パッケージをインストールして設定します。
    1. Linux ディストリビューションが RHEL 7、CentOS 7、または SLES 12 の場合、deployPkg プラグインをインストールします。
      操作手順については、 http://kb.vmware.com/kb/2075048を参照してください。
    2. Linux ディストリビューションが Ubuntu の場合、次のナレッジベースの記事を参照して、仮想マシンにインストールして設定する依存パッケージを確認してください。
  9. RHEL と CentOS の場合は、[ネットワーク接続] 設定の [自動接続] を有効にします。
  10. Active Directory 統合タスクを実行します。
  11. グラフィックスをセットアップする手順を実行します。
  12. Horizon Agent をインストールします。
     sudo ./install_viewagent.sh -A yes

    Horizon Agent のインストールを参照してください。

  13. Horizon 7 構成ファイルを使用して追加構成を実行します。
  14. 仮想マシンをシャットダウンして、スナップショットを作成します。