Linux 版手動デスクトップの一括アップグレードには、いくつかの手順があります。PowerCLI スクリプトの使用により手順のいくつかを自動化できます。

非管理対象デスクトップの一括アップグレード

非管理対象仮想マシンを、管理対象または非管理対象仮想マシンへ一括アップグレードするには、サンプルのアップグレード スクリプトを使用して新しい Horizon Agent を既存の仮想マシンにアップロードし、アップグレード コマンドを実行する必要があります。

  • 非管理対象仮想マシンを保存すると、既存のデスクトップ プールを再使用できます。
  • 非管理対象仮想マシンから管理対象仮想マシンへアップグレードする場合は、既存のデスクトップ プールを削除し、新しいデスクトップ プールを作成する必要があります。詳細については、Linux 仮想マシンでの Horizon Agent のアップグレードを参照してください。

管理対象デスクトップの一括アップグレード

管理対象仮想マシンを一括アップグレードするには、次の方法のいずれかを選択します。

方法 説明
テンプレート仮想マシンで、新しい Horizon Agent をインストールするかアップグレードして、スナップショットを作成してください。
  • ユーザー データとプロファイルが NFS サーバのような共有サーバに置かれない限り、既存の仮想マシンが削除されるため、ユーザー データとプロファイルが失われます。
  • 仮想マシンの交換後は、View Administrator の仮想マシンの状態が見つからない場合があります。これを修復するにはブローカー サービスを再起動する必要があります。
  • リンク クローンを使用すると、この方法は各仮想マシンでのデータの重複を回避できます。
アップグレードのサンプル スクリプトを使用して、新しい Horizon Agent を既存の仮想マシンにアップロードを行い、アップグレード コマンドを実行してください。
  • ユーザー データとプロファイルが保存されます。
  • リンク クローンを使用すると、この方法は各仮想マシンでのデータの重複を招きます。