このワークフローは、委任された管理者が Horizon 7 の手動デスクトップ プールに管理対象外の仮想マシンを追加できるようにします。管理対象外のマシンは実際には vCenter インスタンスで管理されていますが、vCenter インスタンスは Horizon 7 には追加されていません。

注: : このワークフローは、物理マシンまたは非 vSphere 仮想マシンの追加用ではありません。これらのタイプのマシンを追加するには、 物理マシンおよび非 vSphere 仮想マシンをプールへ追加する を参照してください。
入力/パラメータ ポッド、プール ID、仮想マシンのリスト、ゲスト認証情報(表の制限行を参照)
前提条件 管理対象外のマシンをプールに追加するための前提条件を参照してください。
結果 選択した仮想マシンが登録され、手動デスクトップ プールに追加されます。

このワークフローを使用して、複数のマシンを追加しようとしたが、何らかの理由で一部のマシンが追加されなかった場合、ワークフローは失敗して、ログ ファイルにそれらのマシンが追加されなかった理由を示すエラー メッセージが含まれます。その他のマシンは正しく追加されます。

制限
  • 以前に Horizon 7 でプールから削除した管理対象外のプールにマシンを戻す場合、マシンをプールに戻す前にしばらく待つ必要があります。
  • Horizon 7 に追加されていない vCenter Server インスタンスからのみ仮想マシンを選択します。すべての vCenter Server インスタンスがリストされています。つまり、Horizon 7 に追加された vCenter Server インスタンスが除外されていません。
  • vCenter Server インスタンスからのすべての仮想マシンが仮想マシン フォルダに表示されない場合、個別のホスト フォルダからマシンを選択できます。この問題は、仮想マシンの数が非常に多い場合に発生する可能性があります。
  • [ゲスト認証情報を追加] ワークフローおよび [委任管理者構成での登録の管理] ワークフローを実行した後、vRealize Automation サービス カタログにゲスト認証情報が登録されるまで少し時間がかかります。認証情報を表示するには、vRealize Automation からログアウトして、再度ログインし直す必要があることもあります。
  • [ゲスト認証情報の削除] ワークフローを使用してゲスト認証情報を削除する場合、Configuration/Delegated Admin Configurationフォルダで [委任管理者の更新の構成] ワークフローも実行する必要があります。

    これを実行しないと、[管理対象外のマシンをプールに追加] ワークフローを実行するときに、ワークフローのドロップダウン メニューに古いゲスト認証情報が表示される場合があります。これらの認証情報を選択してワークフローを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます: TestCredentials という名前の認証情報が見つかりません。ダイナミック スクリプト モジュール名: getGuestCredential#7