USB リダイレクト機能を使用すると、小型のフラッシュ ドライブなど、ローカルで接続された USB デバイスをリモート デスクトップまたは公開アプリケーションで使用できます。

USB リダイレクト機能を使用すると、クライアント デバイスに接続されているほとんどの USB デバイスが Horizon Client のメニューで使用できるようになります。USB デバイスの接続や接続解除にも、このメニューを使用します。

USB デバイスの要件と USB リダイレクトの制限については、Horizon でのリモート デスクトップ機能の構成の「リモート デスクトップおよびアプリケーションでの USB デバイスの使用」を参照してください。

前提条件

  • リモート デスクトップや公開アプリケーションに USB デバイスをリダイレクトするには、Horizon 管理者側で USB リダイレクト機能を有効にしておく必要があります。

    このタスクには、Horizon Agent の USB リダイレクト コンポーネントのインストールが含まれ、USB リダイレクトに関するポリシー設定が含まれる場合もあります。詳細については、Horizon でのリモート デスクトップ機能の構成を参照してください。

  • リモート デスクトップで、Session Enhancement SDK 機能経由での USB が有効になっていることを確認します。詳細については、Horizon でのリモート デスクトップ機能の構成の「Session Enhancement SDK 機能経由での USB の有効化」を参照してください。
  • USB リダイレクトの制限事項 を確認してください。

手順

  1. サーバに接続します。
  2. デスクトップとアプリケーションの選択ウィンドウの右上隅にある [プロトコルの切り替え] アイコンをタップして、[VMware Blast] をタップします。
    USB リダイレクト機能を使用するには、VMware Blast プロトコルを使用する必要があります。
  3. リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに接続します。
  4. [設定] を開き、[USB リダイレクト] をタップします。
    • リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに全画面表示モードで接続している場合は、Horizon Client ツール ラジアル メニュー アイコンをタップして、歯車のアイコンをタップします。
    • 全画面表示モードを使用していない場合、Horizon Client ツールバーの右上隅のメニューで [設定] をタップします。
    使用可能な USB デバイスが USB リダイレクト リストに表示されます。使用可能な USB デバイスがない場合は、「 使用できる適切なデバイスがありません」が表示されます。
  5. リモート デスクトップまたは公開アプリケーションにリダイレクトする USB デバイスの横にあるチェック ボックスを選択します。
    システム ダイアログが開き、USB デバイスへの Horizon Client アクセス権を付与するように求められます。
  6. USB デバイスへの Horizon Client アクセス権を許可するには、[OK] をクリックします。
    デフォルトでは、 [この USB デバイスにデフォルトで使用] チェック ボックスを選択することで、USB デバイスに Horizon Client アクセス権を付与できます。デバイスが切断されるまで、デバイスへのアクセス権は有効になります。

結果

リダイレクトされた USB デバイスがリモート デスクトップや公開アプリケーションに表示されます。USB デバイスがリモート デスクトップや公開アプリケーションに表示されるまで、20 秒ほどかかる場合があります。

次のタスク

リモート デスクトップまたは公開アプリケーションから USB デバイスを切断するには、この手順を繰り返します。ただし、USB リダイレクト リストで USB デバイスのチェック ボックスをオフにします。