公開アプリケーションの複数セッション モードを有効にすると、異なるクライアント デバイスからサーバにログインしたときに、同じ公開アプリケーションの複数のセッションを使用できます。

たとえば、クライアント A で公開アプリケーションを複数セッション モードで開き、同じ公開アプリケーションをクライアント B で開くと、クライアント A で公開アプリケーションが開いたまま、クライアント B で公開アプリケーションの新しいセッションが開きます。複数セッション モードが無効になっている場合(単一セッション モードの場合)は、クライアント A の公開アプリケーションのセッションが切断され、クライアント B で再接続されます。

複数セッション モード機能には次の制限があります。

  • Skype for Business など、複数のインスタンスをサポートしていないアプリケーションの場合、複数セッション モードは機能しません。
  • 複数セッション モードで公開アプリケーションを使用しているときにアプリケーション セッションが切断されると、自動的にログアウトされ、未保存のデータは失われます。

前提条件

Horizon 管理者は、アプリケーション プールの複数セッション モードを有効にする必要があります。Horizon 管理者が許可しない限り、ユーザーは公開アプリケーションの複数セッション モードを変更できません。Horizon での公開されたデスクトップとアプリケーションのセットアップを参照してください。この機能には、Horizon 7 のバージョン 7.7 以降が必要です。

手順

  1. サーバに接続します。
  2. Horizon Client ツールバーの右上隅で、アプリケーションのアイコンをタップし、[マルチ起動] をタップします。
    ツールバーにアプリケーションのアイコンが表示されていない場合は、縦に並んだ 3 つのドットをタップします。複数セッション モードで使用できる公開アプリケーションがない場合、 [マルチ起動] 設定は表示されません。
  3. 複数セッション モードで使用する公開アプリケーションをタップし、[OK] をタップします。
    Horizon 管理者が公開アプリケーションに複数セッション モードを適用している場合、この設定を変更することはできません。