セキュリティ上の理由から、Horizon 管理者はタイムアウトを設定し、非アクティブ状態が一定の時間が経過したときにユーザーをサーバからログアウトし、公開アプリケーションをロックすることができます。

デフォルトでは、Horizon Client が特定のサーバに 10 時間以上接続している場合、再度ログインする必要があります。このタイムアウトは、リモート デスクトップと公開アプリケーションの両方の接続に適用されます。

公開アプリケーションが自動的にロックされる 30 秒前に警告のプロンプトが表示されます。ユーザーが応答しない場合、公開アプリケーションがロックされます。デフォルトでは、非アクティブな状態が 15 分間続くとタイムアウトになりますが、このタイムアウトは Horizon 管理者側で変更可能です。

たとえば、1 つ以上の公開アプリケーションを実行しているときにコンピュータから離れ、1 時間後に戻ってきたときに、公開アプリケーションのウィンドウが開いていません。代わりに、公開アプリケーションのウィンドウを再表示するために [OK] ボタンをクリックするよう求めるダイアログ ボックスが表示されます。

これらのタイムアウトを Horizon Console で設定するには [設定] > [グローバル設定] の順に選択し、[全般設定] タブをクリックして [編集] をクリックします。

DeX デスクトップ モードの Chromebook または Android デバイスでデスクトップおよびアプリケーション選択ウィンドウに移動すると、公開アプリケーション セッションは切断され、Horizon Client によりセッションに再接続するよう求められます。[アプリケーションに再接続] をクリックすると公開アプリケーションのセッションを開くことができます。または、[今はしない] をクリックしてメッセージを閉じます。[メッセージを今後表示しない] チェック ボックスを選択することもできます。