リモート デスクトップまたは公開アプリケーションとローカル ストレージを共有するように Horizon Client を設定できます。この機能はクライアント ドライブ リダイレクトと呼ばれます。

Windows リモート デスクトップまたは公開アプリケーションでは、ローカル ストレージは、[この PC] フォルダの [デバイスとドライブ] セクション、または [コンピューター] フォルダの [その他] セクションに表示されます。共有を選択するフォルダおよびストレージ デバイスは、[name on HorizonClient]という名前の形式を使用します。

前提条件

  • クライアント ドライブ リダイレクト機能を有効にします。このタスクでは、エージェントの [クライアント ドライブ リダイレクト] オプションを有効にします。ポリシーの設定またはレジストリの設定を行って、クライアント ドライブ リダイレクトの動作を制御することも含まれる場合があります。詳細については、Horizon でのリモート デスクトップ機能の構成を参照してください。
  • ローカル ストレージを共有するリモート デスクトップまたは公開アプリケーションに接続します。1 度もログインしたことがない場合は、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションへの接続 で手順について理解しておきます。

手順

  1. [設定] を開き、[ローカル ストレージ リダイレクト] をタップします。
    • リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに全画面表示モードで接続している場合は、Horizon Client ツール ラジアル メニュー アイコンをタップして、歯車のアイコンをタップします。
    • 全画面表示モードを使用していない場合、Horizon Client ツールバーの右上隅のメニューで [設定] をタップします。
  2. [ローカル ストレージ リダイレクト] をタップして、ローカル ストレージ リダイレクト オプションを構成します。
    オプション アクション
    すべてのリムーバブル ストレージ デバイスを自動的に共有する [マウントされたストレージの自動ダイレクトを有効にする] を選択します。デバイスにマウントされたすべてのリムーバブル ストレージ デバイスがリモート デスクトップまたは公開アプリケーションで自動的に共有されます。このオプションはデフォルトで選択されています。
    すべてのリムーバブル ストレージ デバイスを自動的に共有しない [マウントされたストレージの自動ダイレクトを有効にする] を選択解除します。リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに次に接続したときに、デバイスにマウントされたリムーバブル ストレージ デバイスはリモート デスクトップまたは公開アプリケーションで自動的に共有されません。
    注: [マウントされたストレージの自動ダイレクトを有効にする] によって、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションですでに共有されているリムーバブル ストレージ デバイスの共有が停止されるわけではありません。
    特定のフォルダまたはリムーバブル ストレージ デバイスを共有する リストで、ローカル フォルダまたはリムーバブル ストレージ デバイスの名前を選択します。デバイスがリモート デスクトップまたは公開アプリケーションで使用できるようになります。

    リムーバブル ストレージ デバイスに接続すると、そのデバイスの名前がリストに表示されます。リムーバブル ストレージ デバイスを切断すると、そのデバイスの名前がリストから削除されます。

    特定のフォルダまたはリムーバブル ストレージ デバイスの共有を停止する リストで、ローカル フォルダまたはリムーバブル ストレージ デバイスの名前を選択解除します。デバイスがリモート デスクトップまたは公開アプリケーションで使用できなくなります。
  3. [OK] をタップして設定を保存します。

次のタスク

リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに対する変更内容を確認します。

  • Windows リモート デスクトップで、[この PC] フォルダを開いて [デバイスとドライブ] セクションを探すか、[コンピューター] フォルダを開いて [その他] セクションを探します。フォルダまたはストレージ デバイスを共有していれば、そのフォルダまたはデバイスが表示されます。共有フォルダおよびストレージ デバイスは、[name on HorizonClient] という名前の形式を使用します。
  • 公開アプリケーションで、[ファイル] > [開く] の順に選択するか、必要であれば [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に選択します。フォルダまたはストレージ デバイスを共有していれば、そのフォルダまたはデバイスに移動できます。共有フォルダおよびストレージ デバイスは、[name on HorizonClient] という名前の形式を使用します。