リモート デスクトップまたは公開アプリケーションで、Bluetooth やドッキング型のキーボード デバイスとキーボードを使用できます。自動的に文字を大文字にしたり、テキストを修正したりするなどの設定を行うこともできます。

外部キーボードおよび入力デバイス

タブレットがサポートするデバイスの詳細については、タブレットの製造元からのドキュメントを参照してください。

一部の外部キーボードは、Horizon Client が自動的に検出します。他の外部キーボードについては、3 本指で同時にタブレット画面をタップするか、[キーボード] アイコンをタップして、キーボードを検出する必要があります。リモート デスクトップまたは公開アプリケーションを全画面表示モードで使用する場合、[キーボード] アイコンは Horizon Client ツール ラジアル メニューにあります。全画面表示モードを使用しない場合、[キーボード] アイコンは Horizon Client ツールバーにあります。

注: Kindle Fire タブレットでは、3 本の指でタップしても、オンスクリーン キーボードは表示されません。 [キーボード] アイコンを代わりに使用して、オンスクリーン キーボードを表示できます。

Horizon Client が外部キーボードを検出すると、Horizon Client ツールや 3 本指のタップを使用してオンスクリーン キーボードを表示することができなくなることがあります。最初に [Eject] キーを押して外部キーボードを無効にする必要があります。

国際オンスクリーン キーボード

正しい入力方法が設定されていれば、英語(米国)、日本語、フランス語、ドイツ語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語、スペイン語で文字を入力できます。

キーボードまたは音声の言語の選択または選択解除を行うには、オンスクリーン キーボードの Keyboard Settings(キーボード設定)キーをタップします。Keyboard Settings(キーボード設定)キーは、オンスクリーン キーボードの下段の左端のキーです。設定の選択が完了したら、[戻る] ボタンをタップして、ダイアログ ボックスを閉じます。