構文には、vmware-view URI スキーム、デスクトップやアプリケーションを指定するためのパス部分、オプションでデスクトップやアプリケーションのアクション、または構成オプションを指定するためのクエリが含まれます。

URI 仕様

以下の構文を使用して Horizon Client を起動するための URI を作成します。

vmware-view://[authority-part][/path-part][?query-part]

必要となる唯一の要素は URI スキーム vmware-view です。一部のクライアント OS のバージョンによっては、スキーマ名は大文字と小文字の区別があります。したがって、vmware-view を使用してください。

重要: : すべての部分で、非 ASCII 文字は UTF-8 [STD63] に基づいて最初にエンコードされる必要があり、次に対応する UTF-8 シーケンスの各オクテットは、URI 文字として表されるパーセントでエンコードされる必要があります。

ASCII 文字のエンコードについての詳細は、http://www.utf8-chartable.de/ の URL エンコーディング資料を参照してください。

authority-part
サーバ アドレス、オプションでユーザー名、非デフォルト ポート番号、またはその両方を指定します。サーバ名ではアンダースコア (_) はサポートされていないことに注意してください。サーバ名は、DNS 構文に一致する必要があります。

ユーザー名を指定するには、以下の構文を使用します:

user1@server-address

ドメインが含まれる UPN アドレスを指定できません。ドメインを指定するには、URI で domainName クエリ部分を使用できます。

ポート番号を指定するには、以下の構文を使用します:

server-address:port-number
path-part
デスクトップまたはアプリケーションを指定します。デスクトップ表示名またはアプリケーション表示名を使用します。この名前は、デスクトップまたはアプリケーション プールの作成時に View Administrator で指定した名前です。表示名にスペースが含まれている場合、 %20 エンコーディング機能を使用してスペースを表します。
query-part
使用する構成オプション、または実行するデスクトップかアプリケーション アクションを指定します。クエリは大文字と小文字の区別がありません。複数のクエリを使用するには、クエリの間にアンパサンド (&) を使用します。クエリが違いに競合する場合、リストの最後のクエリが使用されます。次の構文を使用します:
query1=value1[&query2=value2...]

サポートされるクエリ

このトピックでは、このタイプの Horizon Client でサポートされるクエリを示します。デスクトップ クライアントやモバイル クライアントなどの複数のクライアント タイプ用に URI を作成する場合は、クライアント システムの各タイプのVMware Horizon Client の使用を参照してください。

操作
表 1. アクション クエリで使用できる値
説明
browse 指定したサーバにホストされている使用可能なデスクトップおよびアプリケーションのリストを表示します。このアクションを使用しているときに、デスクトップまたはアプリケーションを指定する必要はありません。

browseアクションを使用し、デスクトップまたはアプリケーションを指定する場合、そのデスクトップまたはアプリケーションは使用できるアイテムのリストで強調表示されます。

start-session 指定したデスクトップまたはアプリケーションを起動します。アクション クエリが提供されず、デスクトップまたはアプリケーション名が提供されなければ、start-sessionがデフォルト アクションとなります。
reset

指定したデスクトップをシャットダウンして再起動します。保存されてないデータは失われます。リモート デスクトップのリセットは、物理 PC のリセット ボタンを押すことに相当します。アプリケーションの指定はサポートされていません。アプリケーションを指定すると、エラー メッセージが表示されます。

デスクトップまたはアプリケーションを指定しないと、すべてのリモート アプリケーションが Horizon Client によって終了します。

logoff リモート デスクトップのゲスト OS からユーザーをログオフします。アプリケーションを指定すると、アクションは無視されるか、エンド ユーザーに警告メッセージ「無効な URI アクション」が表示されます。
appProtocol
リモート アプリケーションの場合、有効な値は PCOIPBLAST です。たとえば、PCoIP を指定するには、 appProtocol=PCOIP 構文を使用します。
defaultLaunchView
Horizon Client の起動時のデフォルトの表示を設定します。有効な値は、 recent および servers です。
desktopProtocol
リモート デスクトップの場合、有効な値は PCOIPBLAST です。たとえば、PCoIP を指定するには、 desktopProtocol=PCOIP 構文を使用します。
domainName
リモート デスクトップやアプリケーションに接続しているユーザーに関連付けられている NETBIOS ドメイン名例として、 mycompany.com ではなく mycompany を使用してください。
tokenUserName
RSA または RADIUS ユーザー名を指定します。RSA または RADIUS ユーザー名が Active Directory ユーザー名と異なる場合に限ってこのクエリを使用します。このクエリを指定せず、RSA または RADIUS 認証が必要である場合、Windows ユーザー名が使用されます。この構文は、 tokenUserName=name です。