モバイル デバイスの場合、Horizon Client ツールには、オンスクリーン キーボード、仮想タッチパッド、構成設定、および矢印キーや機能キー用の仮想キーパッドを表示するためのボタンが含まれます。

リモート デスクトップまたはアプリケーションを全画面表示モードで使用している場合、Horizon Client ツール ラジアル メニュー ボタンが画面の右側に表示されます。ラジアル メニュー アイコンをドラッグして場所を変更できます。タップするとラジアル メニューが展開され、各ツールのアイコンが表示されます。このアイコンはタップで選択することができます。ツール アイコンの外をタップするとアイコンが折りたたまれてラジアル メニュー アイコンに戻ります。

リモート デスクトップまたはアプリケーションが全画面表示モードでない場合、ツールバーは画面の上のメニュー バーの右側に表示されます。ツールバーの [全画面表示] アイコンをタップすると、全画面表示モードになります。全画面表示モードの場合は、ラジアル メニューの同様のアイコンをタップすると、全画面表示モードが終了します。

ラジアル メニューにはいくつかのツールが含まれます。

表 1. ラジアル メニュー アイコン
アイコン 説明
ラジアル メニューから View Client ツールにアクセス Horizon Client ツール ラジアル メニュー
[切断] アイコンをタップすると、確認ボックスが表示されます。 切断
キーボード アイコンをタップし、オンスクリーン キーボードを表示または非表示にします。 オンスクリーン キーボード(表示または非表示に切り替え)
設定アイコンをタップして解像度、タッチ感度や他の設定を変更します。 設定
Alt、Ctrl、矢印、機能キーを使用するには、このアイコンをタップします。 ナビゲーション キー
タップしてフルスクリーン タッチパッドと仮想タッチパッド間を切り替えます。 仮想タッチパッド
動作ヘルプは、右クリックやダブルクリックなどの Windows 特有の操作のためにタッチ動作を使用する方法を示します。 動作ヘルプ

オンスクリーン キーボード

オンスクリーン キーボードには、標準オンスクリーン キーボードよりも多くの、たとえば、コントロール キーやファンクション キーなどのキーがあります。オンスクリーン キーボードを表示するには、画面を同時に 3 本の指でタップするか、[キーボード] アイコンをタップします。

リモート デスクトップまたはアプリケーションを全画面表示モードで使用する場合、[キーボード] アイコンは Horizon Client ツール ラジアル メニューにあります。全画面表示を使用しない場合、[キーボード] アイコンは Horizon Client ツールバーにあります。

メモ帳や新しい連絡先などでテキスト フィールドをタップするとオンスクリーン キーボードが表示される機能を利用することもできます。テキスト フィールドでない領域をタップすると、キーボードが消えます。

この機能をオンまたはオフにするには、[キーボード ポップアップ] オプションと [キーボードの消去] オプションを使用します。全画面表示モードでリモート デスクトップまたはアプリケーションを使用しているときにこれらのオプションを表示するには、Horizon Client ツール ラジアル メニュー アイコンをタップし、歯車のアイコン、[キーボード] の順にタップします。全画面表示モードを使用していない場合、[設定]Horizon Client ツールバーの右上隅のメニューにあります。リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続していない場合は、Horizon Client 画面の右上隅にある歯車のアイコンをタップします。

注: : Kindle Fire タブレットでは、3 本の指でタップしても、オンスクリーン キーボードは表示されません。 Horizon Client ツールバーの [キーボード] アイコンを代わりにタップすると、オンスクリーン キーボードを表示できます。

外部キーボードを使用している場合、1 行オンスクリーン キーボードが表示されることがあります。このキーボードには機能キー、Ctrl キー、Alt キー、Windows キー、および矢印キーが含まれます。外部キーボードによっては、これらのすべてのキーが揃っていない場合があります。

文字列の送信

オンスクリーン キーボードで、Ctrl キー左横のペン アイコンをタップして、ローカル入力バッファを表示させます。テキスト ボックスに入力した文字列は、[送信] をタップするまでアプリケーションに送信されません。]たとえば、Notepad などのアプリケーションを開き、ペン アイコンをタップした場合、入力した文字列は[送信]をタップするまで Notepad アプリケーション内に表示されません。

ネットワーク接続が低速度の場合、この機能を使用します。つまり、この機能を使用すると、文字を入力しても、アプリケーション内に直ちに表示されません。この機能を使用して、最大 1,000 文字を入力し、[送信]または[戻る]をタップして、アプリケーション内に 1,000 文字すべてを同時に表示させることができます。

ナビゲーション キー

Horizon Client ツールまたはオンスクリーン キーボード上の [Ctrl/Page] アイコンをタップして、ナビゲーション キーを表示します。これらのキーには、Page Up キー、Page Down キー、矢印キー、機能キーおよび Windows 環境でよく使用する Alt キー、Del キー、Shift キー、Ctrl キー、Windows キー、Esc キーを含んでいます。矢印キーを押し続け、連続して動かすことができます。Ctrl/Page アイコンの写真については、このトピックの先頭の表を参照してください。

Ctrl + Shift など Shift キーを含むキーの組合せを使用する必要がある場合、このキーパッドの Shift キーを使用します。Ctrl + Alt + Shift などこれらのキーの組合せをタップするには、最初にオンスクリーンの Ctrl キーをタップします。Ctrl キーが青色に変わってから、オンスクリーンの Alt キーをタップします。Alt キーが青色に変わってから、オンスクリーンの Shift キーをタップします。Ctrl + Alt + Del のキーの組合せに対応する単一のオンスクリーン キーを利用できます。

オンスクリーン タッチパッドとフルスクリーン タッチパッド

仮想タッチパッドは、ラップトップ コンピュータのタッチパッドを模した通常サイズ、またはデバイスの画面全体がタッチパッドとなる全画面表示の、いずれかを選択できます。

デフォルトでは、タッチパッドのアイコンをタップすると、画面上の任意の場所をタッチすることでマウス ポインタを移動できます。画面がフルスクリーン タッチパッドになります。

  • タッチパッドの周りで指を動かして、マウスポインタを作成し、リモート デスクトップまたはアプリケーションの周りを移動させます。
  • 通常サイズおよび全画面表示の仮想タッチパッドでは、シングルクリックにもダブルクリックにも使用できます。
  • 通常サイズのタッチパッドには、左クリックボタンと右クリックボタンもあります。
  • 2 本の指でタップし、ドラッグして垂直方向にスクロールします。

通常サイズの仮想タッチパッドをデバイスの端にドラッグすれば、デバイスを手に持ちながら親指でタッチパッドの操作を行うことができます。

[フルスクリーン タッチパッド] 設定をオフに設定すると、仮想タッチパッドをラップトップのタッチパッドと似た動作にでき、右クリックや左クリックのボタンを使用できます。リモート デスクトップまたはアプリケーションを全画面表示モードで使用している場合は、Horizon Client ツール ラジアル メニュー アイコン、歯車のアイコン、[タッチ] の順にタップして、[フルスクリーン タッチパッド] 設定を選択解除します。

タッチパッド使用時のポインタの移動速度を調整するには、[タッチパッド感度] オプションを調整します。リモート デスクトップまたはアプリケーションを全画面表示モードで使用している場合は、Horizon Client ツール ラジアル メニュー アイコン、歯車のアイコン、[タッチ][タッチパッドの感度] の順にタップして、スライダをドラッグします。

全画面表示モードを使用していない場合、[設定]Horizon Client ツールバーの右上隅のメニューにあります。リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続していない場合は、Horizon Client 画面の右上隅にある歯車のアイコンをタップします。