Unity Touch サイドバーからリモート デスクトップ アプリケーションまたはファイルに素早く移動できます。このサイドバーから、リモート デスクトップのファイルおよびアプリケーションを開いたり、実行しているアプリケーションを切り替えたり、ウィンドウやアプリケーションを最小化または最大化したり、元の大きさに戻したり、閉じたりできます。

Unity Touch 機能を有効にすると、最初にリモート デスクトップにアクセスする時に画面の左側にサイドバーが表示されます。

図 1. モバイル デバイス上のリモート デスクトップの Unity Touch サイドバー
Android デバイスの Unity Touch サイドバーのスクリーンショット。
図 2. シン クライアント上のリモート デスクトップの Unity Touch サイドバー
Unity Touch サイドバーのスクリーンショット。

Unity Touch が有効にされているがサイドバーが表示されていないデスクトップにアクセスすると、画面の左側にタブが表示されます。このタブを右にスワイプしてサイドバーを開いたり、タブを上下にスライドできます。

このサイドバーから、ファイルまたはアプリケーションで多くの操作を実行できます。

表 1. リモート デスクトップの Unity Touch サイドバーのアクション
アクション 手順
オンスクリーン キーボードを表示または非表示にする

(シン クライアントのみ)[キーボード] アイコンを選択します。

Horizon Client 設定を変更する

(シン クライアントのみ)[設定] アイコンを選択します。

デスクトップから切断する

(シン クライアントのみ)[切断] アイコンを選択します。

サイドバーを表示

タブを右にスワイプします。サイドバーが開いているときは、デスクトップ画面や Horizon Client ツールラジアル メニューでの操作を実行できません。

サイドバーを非表示にする

タブを左にスワイプしてサイドバーを閉じます。サイドバーが開いているときは、デスクトップ画面や Horizon Client ツールラジアル メニューでの操作を実行できません。

アプリケーションに移動 [すべてのプログラム] をタップして、Windows の [スタート] メニューからの操作と同じようにアプリケーションに移動します。
ファイルへの移動 [マイ ファイル] をタップして ユーザー フォルダにアクセスし、ファイルに移動します。[マイ ファイル] には、マイ ピクチャマイ ドキュメント、および ダウンロード などのフォルダが含まれます。

[マイ ファイル] には、ユーザー プロファイルのフォルダが含まれます (%USERPROFILE% ディレクトリ)。%USERPROFILE% ディレクトリに システム フォルダを移動すると、ローカルに移動したフォルダか、ネットワーク共有フォルダかにかかわらず、[マイ ファイル] メニューは移動したフォルダからコンテンツを表示できます。

アプリケーションまたはファイルの検索
  • [検索] ボックスをタップし、アプリケーションまたはファイルの名前を入力します。
  • 音声読み上げを使用するには、キーボードでマイクロフォンをタップします。
  • アプリケーションまたはファイルを起動するには、検索結果でアプリケーションまたはファイルの名前をタップします。
  • サイドバーのホーム表示に戻るには、[X] をタップして [検索] ボックスを閉じます。
アプリケーションまたはファイルを開く サイドバーのファイルまたはアプリケーションの名前をタップします。アプリケーションが起動し、サイドバーが閉じます。
動作中のアプリケーションまたは開いているウィンドウの切り替え [動作中のアプリケーション] でアプリケーション名をタップします。複数のファイルがひとつのアプリケーションで開かれている場合、アプリケーションの横の山形マーク ([>]) をタップしてリストを展開します。
動作中のアプリケーションまたはウィンドウを最小化する

コンテキスト メニューが表示されるまで [動作中のアプリケーション] の下のアプリケーション名をタッチして押したままにします。[最小化] をタップします。

動作中のアプリケーションまたはウィンドウを最大化する

コンテキスト メニューが表示されるまで [動作中のアプリケーション] の下のアプリケーション名をタッチして押したままにします。[最大化] をタップします。

動作中のアプリケーションまたはウィンドウを閉じる

コンテキスト メニューが表示されるまで [動作中のアプリケーション] の下のアプリケーション名をタッチして押したままにします。[閉じる] をタップします。

実行中のアプリケーションまたはウィンドウを元のサイズと位置に戻す

コンテキスト メニューが表示されるまで [動作中のアプリケーション] の下のアプリケーション名をタッチして押したままにします。[元に戻す] をタップします。

お気に入りのアプリケーションまたはファイルの一覧を作成
  1. アプリケーションまたはファイルを検索するか、[お気に入りのアプリケーション] または [お気に入りのドキュメント] リストの下にある [管理] をタップします。

    [管理] バーが表示されない場合、[お気に入りのアプリケーション] または [お気に入りのファイル] の横の山形マーク ([>]) をタップします。

  2. 使用できるアプリケーションまたはファイルの検索結果またはリストで、お気に入りの名前の横にあるチェックボックスをタップします。

    最後に追加したお気に入りがお気に入りリストの最上部に表示されます。

すべてのモバイル デバイスでお気に入りが記憶されます。たとえば、使用しているスマート フォンでもタブレットでも同じリストを持つことになります。

お気に入りリストからアプリケーションまたはファイルを削除する
  1. アプリケーションまたはファイルを検索するか、[お気に入りのアプリケーション] または [お気に入りのドキュメント] リストの下にある [管理] をタップします。

    [管理] バーが表示されない場合、[お気に入りのアプリケーション] または [お気に入りのドキュメント] の横の山形マーク ([>]) をタップします。

  2. お気に入りリストでアプリケーションまたはファイルの名前の横にあるチェックマークをタップして削除します。
お気に入りリストでアプリケーションまたはファイルの順序を変更する
  1. [お気に入りのアプリケーション] または [お気に入りのドキュメント] リストの下の [管理] をタップします。

    [管理] バーが表示されない場合、[お気に入りのアプリケーション] または [お気に入りのドキュメント] の横の山形マーク ([>]) をタップします。

  2. お気に入りリストで、アプリケーション名またはファイル名の左側にあるハンドルにタッチして押したままにし、お気に入りをリストの上下にドラッグします。
注: : Unity Touch 機能を View 5.3.x デスクトップで使用するには、Remote Experience Agent をデスクトップにインストールする必要があります。Remote Experience Agent をインストールしていてこの機能をオフにする場合は、リモート デスクトップでレジストリ値を設定できます。

ユーザーが流動デスクトップを持っている場合、ユーザーのお気に入りのアプリケーションおよびファイルは、そのデスクトップ用に Windows 移動プロファイルが構成されている場合に限って保存できます。管理者は、サイドバーが初めて表示されたときにエンド ユーザーに表示されるデフォルトの [お気に入りのアプリケーション] リストを作成できます。

接続サーバ 5.3.x サーバの場合は、『 View Feature Pack のインストールと管理ガイド』を参照してください。接続サーバ 6.0 以降のサーバの場合は、『View でのデスクトップとアプリケーション プールの設定』を参照してください。