リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続するには、サーバ名を指定し、ユーザー アカウントの認証情報を入力する必要があります。

前提条件

View 管理者から以下の情報を取得します。

  • VPN (Virtual Private Network)接続をオンにするかどうかに関する指示。
  • サーバに接続するために使用するサーバ名。
  • ポートが 443 でない場合にサーバに接続するために使用するポート番号。
  • Active Directory ユーザー名とパスワード、RSA SecurID ユーザー名とパスコード、RADIUS 認証ユーザー名とパスコード、スマート カード個人識別番号(PIN)などのログインに使用する認証情報。
  • ログインのためのドメイン名。
  • 指紋認証を使用できるかどうかの説明。

管理者がクライアント デバイスで RSA SecurID ソフトウェア トークンをセットアップするのに使用する URL を記載した電子メールを送信する場合、電子メールを開き、アクティベーション コードを持っているか、アクティベーション コードが URL の末尾に表示されているかを確認します。

組込み RSA SecurID ソフトウェア トークンの設定にともなう管理作業に関する詳細については、お使いのデバイスの『VMware Horizon Client の使用』を参照してください。

使用する証明書検証チェックのモードを決定します。Horizon Client の証明書確認モードの設定を参照してください。

手順

  1. VPN 接続が必要な場合、VPN をオンにしてください。
  2. ホーム画面の [Horizon] アプリケーション アイコンをタップします。
  3. サーバに接続します。
    オプション アクション
    新規サーバに接続 サーバの名前を入力し、説明(オプション)を入力してから、[接続] をタップします。
    既存サーバに接続 [サーバ] タブのサーバ ショートカットをタップします。
    Horizon Client とサーバとの接続には常に SSL が使用されます。SSL 接続のデフォルト ポートは 443 です。 View Server がデフォルト ポートを使用するように構成されていない場合、以下の例にあるフォーマットを使用します。 view.company.com:1443
  4. スマート カードが必要となる場合またはオプションである場合、使用するスマート カード証明書を選択して PIN を入力します。
    スマート カードに証明書が 1 つしかない場合、その証明書はすでに選択されています。多くの証明書がある場合は、必要に応じてスクロールできます。
  5. RSA SecurID の認証情報または RADIUS の認証証明書の入力を求めるダイアログが表示されたら、認証情報を入力するか、組込み RSA SecurID トークンを使用する予定の場合は、組込みトークンをインストールします。
    オプション アクション
    既存のトークン スマート フォンでハードウェア認証トークンまたはソフトウェア認証トークンを使用している場合、ユーザー名とパスコードを入力します。パスコードには、PIN とトークンで生成された番号が含まれる場合があります。
    ソフトウェア トークンのインストール [外部トークン] をクリックします。[ソフトウェア トークンのインストール] ダイアログ ボックスに管理者から電子メールで送信された CT-KIP URL または CTFString URL を貼り付けてください。URL にアクティベーション コードが含まれている場合、[パスワードとアクティベーション コード] テキスト ボックスには何も入力する必要がありません。
  6. 再度、RSA SecurID 認証情報または RADIUS 認証情報を入力するダイアログが表示されたら、トークンで次に生成された番号を入力します。
    PIN および、過去に生成され、入力したものと同じ番号は入力しないでください。必要に応じて、新しい番号が生成されるのを待ちます。
  7. ユーザー名とパスワードの入力を要求されたら、Active Directory 認証情報を入力します。
    1. View 管理者に指示されたようにユーザー名とパスワードを入力します。
    2. ドメインを選択します。
    3. (オプション) [指紋を有効にする] チェック ボックスを使用できる場合は、選択して指紋認証を使用するようにします。
      [指紋を有効にする] チェック ボックスは、生体認証がサーバで有効になっていて、以前に指紋認証で認証されたことがない場合にのみ使用できます。
    4. (オプション) 管理者がこの機能を有効にしている場合で、サーバ証明書が完全に検証されている場合、[パスワードの保存] チェックボックスを選択します。
      パスワードを初めて保存するのであれば、デバイス管理者を起動するように求められます。これは、Android デバイスでパスワードを保存するのに必要です。
    5. [接続] をタップします。

    指紋認証が有効な場合、初回のログインで Active Directory 認証情報が Android デバイスのデータベースに保護された状態で保存され、以降のログインではそれが使用されます。

  8. 指紋認証を要求された場合は、指紋センサーに指を触れます。
    指紋認証を使用したくない場合は、 [キャンセル] をタップします。サーバに再接続して [パスワードを使用] をタップし、ユーザー名とパスワードを入力できます。
  9. (オプション) 画面の右上隅にある表示プロトコル設定アイコンをタップして、使用する表示プロトコルを選択します。
    [VMware Blast] プロトコルを使用するとバッテリ寿命が向上するため、ハイエンド 3D のユーザーやモバイル デバイスのユーザーに最適なプロトコルです。デフォルトの表示プロトコルは [PCoIP] です。
  10. デスクトップまたはアプリケーションをタップし、接続します。
    スマート カード認証を使用している場合、PIN の再入力は求められませんが、Active Directory 認証を使用する場合よりもログイン プロセスに時間がかかります。
    Microsoft RDS ホスト上でホストされているセッション ベースのリモート デスクトップに接続しようとしており、デスクトップが Microsoft RDP 表示プロトコルを使用するようにすでに設定されている場合、すぐには接続できません。リモート オペレーティング システムからログオフして、PCoIP 表示プロトコルまたは VMware Blast 表示プロトコルで接続が行われるようにすることを求められます。VMware Blast では Horizon Agent 7.0 以降が必要です。

結果

デスクトップまたはアプリケーションへの初回接続後、デスクトップまたはアプリケーションのショートカットが [最近使用したファイル] タブに保存されます。次回、リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続するときは、サーバ名を入力する代わりにショートカットをタップします。