VMware Blast 表示プロトコルを使用するリモート デスクトップ セッションとアプリケーション セッションの、H.264 デコードとネットワーク条件のオプションを構成できます。

サーバにログインした後は、VMware Blast 設定は構成できません。

H.264 デコードが有効な場合であっても、マルチ モニター モードでは常に JPG/PNG エンコーディングが使用されます。

前提条件

この機能には、Horizon Agent 7.0 以降が必要です。

手順

  1. サーバにログインする前に、Horizon Client の画面の右上隅にある [設定](歯車)アイコンをタップし、[VMware Blast] をタップします。
    サーバにログインした後は、VMware Blast 設定は構成できません。
  2. デコードとネットワーク条件のオプションを構成します。
    オプション アクション

    H.264

    接続サーバに接続する前または後で、このオプションを構成し、Horizon Client で H.264 のデコードを許可します。

    このオプションが選択されると(デフォルト設定)、エージェントが H.264 ソフトウェアまたはハードウェア エンコードをサポートしている場合に、Horizon Client は H.264 デコードを使用します。エージェントが H.264 ソフトウェアまたはハードウェア エンコードをサポートしていない場合、Horizon Client は JPG/PNG デコードを使用します。

    JPG/PNG デコードを使用するには、このオプションを選択解除します。

    ネットワーク条件

    接続サーバに接続する前のみ、このオプションを構成できます。次のネットワーク条件オプションのいずれかを選択します。
    • [良好] - Horizon Client TCP ネットワークのみを使用します。このオプションは LAN 環境で理想的です。
    • [通常 (デフォルト) ] - Horizon Client 混合モードで動作します。混合モードでは、Horizon Client は、サーバに接続するときに TCP ネットワークを使用し、エージェントと Blast Security Gateway(有効な場合)が Blast Extreme Adaptive Transport (BEAT) 接続をサポートしている場合に、BEAT を使用します。このオプションがデフォルトの設定です。
    • [不良] - Horizon Client BEAT トンネル サーバがサーバで有効になっている場合は BEAT ネットワークのみを使用し、有効になっていない場合は混合モードに切り替えます。
    注: : Horizon 7 バージョン 7.1 以前では、接続サーバおよびセキュリティ サーバ インスタンスは BEAT トンネル サーバをサポートしません。VMware Access Point 2.9 以降は、BEAT トンネル サーバをサポートします。

    接続サーバおよびセキュリティ サーバ インスタンスの Blast Security Gateway は、BEAT ネットワークをサポートしません。