AirWatch を構成して Android for Work デバイス ユーザーに Horizon Client を配信できます。

接続サーバ インスタンスのリストまたはデフォルトの接続サーバ インスタンスを指定することもできます。サーバのリストを指定すると、サーバが Horizon Client にショートカットとして表示されます。デフォルト サーバを指定すると、Horizon Client がそのサーバに自動的に接続します。

お使いの環境が Android for Work 向けにセットアップされている場合にのみ、この手順を使用してください。お使いの環境が Android for Work 向けにセットアップされていない場合は、AirWatch を構成して Android デバイスに Horizon Client を配信するを参照してください。

前提条件

  • AirWatch 環境に Android for Work が組み込まれていることを確認します。AirWatch のドキュメントやオンライン ヘルプを参照してください。
  • AirWatch のインストールと展開を行います。AirWatch Server v8.0 FP02 以降および AirWatch Agent v4.2 以降をインストールする必要があります。http://www.air-watch.com を参照してください。AirWatch Agent は、Google Play ストアや Android 版 Amazon Appstore からダウンロードできます。
  • AirWatch コンソールについて理解しておきます。この手順は、AirWatch コンソールの使用方法を理解していることを前提にしています。AirWatch のドキュメントやオンライン ヘルプを参照してください。
  • 会社の Google アカウントを持っていることを確認します。Android for Work デバイスを登録するために、会社の Google アカウントが必要です。登録プロセスの詳細については、AirWatch のドキュメントやオンライン ヘルプを参照してください。

手順

  1. 管理者として AirWatch コンソールにログインします。
  2. AirWatch で Horizon Client ユーザーのスマート グループを作成および構成します。
    1. [グループと設定] > [グループ] > [割り当てグループ] を選択します。
    2. [スマートグループを追加] をクリックします。
    3. スマート グループの名前を入力し、スマート グループのタイプを選択して、スマート グループのプロパティを構成します。
    4. [保存] をクリックします。
  3. Horizon Client アプリケーションを AirWatch に追加します。
    1. [アプリとブック] > [アプリケーション] > [リスト表示] を選択します。
    2. [パブリック] タブで [アプリケーションの追加] をクリックします。
    3. [プラットフォーム] ドロップダウン メニューから [Android] を選択して、[アプリストアを検索] をクリックし、[名前] テキスト ボックスに「com.vmware.view.client.android」と入力して、[次へ] をクリックします。
    4. Horizon Client アプリケーションの横の [選択] をクリックします。
    5. [保存して公開] をクリックします。
  4. Horizon Client アプリケーションをユーザーに割り当てて、デプロイ環境の詳細を構成します。
    1. [アプリとブック] > [アプリケーション] > [リスト表示] を選択します。
    2. [パブリック] タブで、Horizon Client アプリケーションの横の [編集] アイコンをクリックします。
    3. [割り当て] タブで、Horizon Client アプリケーションを作成したスマート グループに割り当てます。
    4. (オプション) [展開] タブで、プッシュ モードを選択して、[アプリケーション構成を送信] チェック ボックスをオンにし、[構成キー] テキスト ボックスに broker_list を入力して [値のタイプ] ドロップダウン メニューから [文字列] を選択し、[構成値] テキスト ボックスに JSON 形式でサーバのリストを入力します。
      server プロパティを使用して、サーバの IP アドレスまたはホスト名を指定し、 usernamedomain プロパティを使用して、サーバを使用する資格を持つユーザーの名前とドメインを指定し、 description プロパティを使用して、サーバの説明を指定します。 usernamedomaindescription プロパティはオプションです。例:
      {
        "settings":{
          "server-list":
           [
             {"server":"123.456.1.1","username":"User1","domain":"TestDomain1","description":"View server 1"},
             {"server":"123.456.1.2","username":"User2","domain":"TestDomain2","description":"View server 2"},
             {"server":"123.456.1.3","username":"User3","domain":"TestDomain3","description":"View server 3"},
             {"server":"viewserver4.mydomain.com","username":"User4","domain":"TestDomain4","description":"View server 4"}
           ]
        }
      }
      default プロパティを使用して、デフォルト サーバを指定できます。有効な値は、 true および false です。例:
      {
        "settings":{
          "server-list":
          [
            {"server":"123.456.1.1","username":"User1","domain":"TestDomain1","description":"View server 1","default":true},
          ]
        }
      }
    5. [保存して公開] をクリックして、エンド ユーザーが Horizon Client アプリケーションを利用できるようにします。
  5. Android for Work デバイスを登録します。
    会社の Google アカウントを使用して、これらのデバイスを登録します。
  6. AirWatch コンソールで、Horizon Client アプリケーションを各デバイスにインストールします。

結果

AirWatch は、作成したスマート グループにある Android デバイスにHorizon Client を配信します。

ユーザーが Horizon Client を起動したときに、Horizon Client は Android デバイス上の AirWatch Agent と通信します。

接続サーバ インスタンスのリストまたはデフォルトの接続サーバ インスタンスを設定すると、AirWatch によって Android デバイスの AirWatch Agent にサーバ情報がプッシュされます。

次のタスク

AirWatch コンソールを使用して Horizon Client アプリケーションを編集し、この変更をモバイル デバイスにプッシュすることができます。たとえば、デフォルトの接続サーバ インスタンスを Horizon Client アプリケーションのサーバ リストに追加することができます。