AirWatch を構成して Android デバイス ユーザーに Horizon Client を配信できます。

接続サーバ インスタンスのリストまたはデフォルトの接続サーバ インスタンスを指定することもできます。サーバのリストを指定すると、サーバが Horizon Client にショートカットとして表示されます。デフォルト サーバを指定すると、Horizon Client がそのサーバに自動的に接続します。

お使いの環境が Android for Work 向けにセットアップされている場合、この手順に従って操作しないでください。代わりに、AirWatch を構成して Android for Work デバイスに Horizon Client を配信するを参照してください。

前提条件

  • AirWatch のインストールと展開を行います。http://www.air-watch.com を参照してください。
  • Horizon Client アプリケーションを VMware ダウンロード ページ (http://www.vmware.com/go/viewclients) または Google Play ストアや Android 版 Amazon Appstore からダウンロードします。
  • AirWatch コンソールについて理解しておきます。この手順は、AirWatch コンソールの使用方法を理解していることを前提にしています。詳細については、AirWatch のマニュアルまたはオンライン ヘルプを参照してください。
  • AirWatch コンソールを使用してデプロイする Horizon Client のバージョンを決定します。AirWatch コンソールは、ARM と x86 バージョンの両方を同時に展開することはできません。

手順

  1. 管理者として AirWatch コンソールにログインします。
  2. [アカウント] > [ユーザー] > [リスト表示] を選択し、[追加] クリックし、[ユーザーを追加] を選択して、Android デバイスで Horizon Client を実行するユーザーのユーザー アカウントを追加します。
  3. [アカウント] > [ユーザー] > [ユーザー グループ] > [リスト ビュー] を選択し、[追加] をクリックし、[ユーザーグループを追加] を選択し、作成したユーザー アカウント用のユーザー グループを作成します。
  4. AirWatch に Horizon Client のアプリケーション プロファイルを作成します。
    1. [アプリとブック] > [アプリケーション] > [アプリケーション設定] > [プロファイル] を選択し、[プロファイルを追加] をクリックします。
    2. [SDK プロファイル] 構成タイプを選択します。
    3. [Android] プロファイル タイプを選択します。
    4. (オプション) [カスタム設定] をクリックして、サーバのリストまたはデフォルト サーバを設定します。
      server プロパティを使用して、サーバの IP アドレスまたはホスト名を指定し、 usernamedomain プロパティを使用して、サーバを使用する資格を持つユーザーの名前とドメインを指定し、 description プロパティを使用して、サーバの説明を指定します。 usernamedomaindescription プロパティはオプションです。例:
      {
        "settings": {
          "server-list": 
          [
            {"server":"123.456.1.1","username":"User1","domain":"TestDomain1","description":"View server 1"},
            {"server":"123.456.1.2","username":"User2","domain":"TestDomain2","description":"View server 2"},
            {"server":"123.456.1.3","username":"User3","domain":"TestDomain3","description":"View server 3"},
            {"server":"viewserver4.mydomain.com","username":"User4","domain":"TestDomain4","description":"View server 4"}
          ]
        }
      }
      default プロパティを使用して、デフォルト サーバを指定できます。有効な値は、 true および false です。例:
      {
        "settings": {
          "server-list": 
          [
            {"server":"123.456.1.1","username":"User1","domain":"TestDomain1","description":"View server 1","default":true},
          ]
        }
      }
  5. Horizon Client アプリケーションを AirWatch にアップロードして追加します。
    1. [アプリとブック] > [アプリケーション] > [リスト表示] を選択し、[社内] タブで [アプリケーションの追加] をクリックします。
    2. ダウンロードした Horizon Client アプリケーションを参照し、[保存] をクリックしてアプリケーションを AirWatch にアップロードします。
    3. [情報] タブで、アプリケーション名を入力し、サポートされるモバイル デバイスのモデルを指定します。
    4. [割り当て] タブで、Horizon Client アプリケーションを作成したユーザー グループに割り当てます。
    5. [展開] タブで、[アプリケーションで AirWatch SDK を使用する][はい] に設定し、[SDK プロファイル] ドロップダウン メニューから作成した SDK プロファイルを選択します。
    6. Horizon Client アプリケーションを公開します。
  6. 各デバイスに AirWatch Agent をインストールしてセットアップします。
    AirWatch Agent は、Google Play ストアや Android 版 Amazon Appstore からダウンロードできます。
  7. AirWatch コンソールを使用して Horizon Client アプリケーションをデバイスにインストールします。
    [展開] タブの有効日より前に Horizon Client アプリケーションをインストールすることはできません。

結果

AirWatch により、Horizon Client アプリケーションに関連付けたユーザー グループ内のデバイスに Horizon Client が配信されます。

ユーザーが Horizon Client を起動したときに、Horizon Client はデバイス上の AirWatch Agent と通信します。接続サーバ インスタンスのリストを設定すると、AirWatch によってサーバ情報がデバイス上の AirWatch Agent にプッシュされ、これらのサーバのショートカットが Horizon Client に表示されます。

次のタスク

AirWatch コンソールを使用して Horizon Client アプリケーションを編集し、この変更をデバイスにプッシュすることができます。