ログ情報を収集し、VMware にログ ファイルを送信するように Horizon Client を構成すると、トラブルシューティングに役立てることができます。

Horizon Client が予期せず終了すると、Horizon Client によりログ ファイルを VMware への送信を求めるメッセージが直ちに表示されます。ログ収集が有効であると、クラッシュ ログ ファイルに詳細デバック情報が出力されます。ログ収集が無効であると、一定の例外情報だけがクラッシュ ログ ファイルに出力されます。

Horizon Client は、3 タイプのログ ファイル(Horizon_View_Client_logs_timestamp.txtlibcdk_timestamp.txtpcoip_client_timestamp.txt)を生成し、各タイプの最新の 5 つのログ ファイルを保持します。

ログ ファイルを VMware に送信するよう選択すると、Horizon Client はクライアント デバイス上の利用可能な E メール クライアントを使用してメッセージを作成します。E メール クライアントで複数の添付ファイルを送信できる場合、Horizon Client により各タイプの最新の ログ ファイル 5 つがメッセージに添付されます。E メール クライアントで複数の添付ファイルを送信できない場合、Horizon Client により各タイプの最新のログ ファイル 5 つが圧縮され、ZIP ファイルがメッセージに添付されます。ZIP ファイル名にはタイムスタンプが付加され、たとえば、Horizon_View_Client_logs_timestamp.zip というファイル名になります。

いつでも手動でログ ファイルを取得して送信することもできます。