リモート デスクトップまたはアプリケーションでオンスクリーン キーボードを使用できます。オンスクリーン キーボードを表示するには、Unity Touch サイドバーで [キーボード] アイコンをタップします。オンスクリーン キーボードを非表示にするには、[キーボード] アイコンを再度タップします。

オンスクリーン キーボードには、PageUp と PageDn ナビゲーション キー、ファンクション キー、および Ctrl、Alt、Del、Shift、Win、Caps、Esc などの Windows 環境でよく使用するその他のキーが含まれます。Ctrl + Shift など Shift キーを含むキーの組合せを使用する必要がある場合、このキーパッドの Shift キーを使用します。Ctrl + Alt + Shift などこれらのキーの組合せをタップするには、最初にオンスクリーンの Ctrl キーをタップします。Ctrl キーが青色に変わってから、オンスクリーンの Alt キーをタップします。Alt キーが青色に変わってから、オンスクリーンの Shift キーをタップします。Ctrl + Alt + Del のキーの組合せに対応する単一のオンスクリーン キーを利用できます。

Ctrl キー左横のペン アイコンをタップして、ローカル入力バッファを表示できます。テキスト ボックスに入力した文字列は、[送信] をタップするまでアプリケーションに送信されません。]たとえば、Notepad などのアプリケーションを開き、ペン アイコンをタップした場合、入力した文字列は[送信]をタップするまで Notepad アプリケーション内に表示されません。ネットワーク接続が弱く、文字を入力してもすぐに表示されない場合に、この機能は便利です。この機能を使用して、最大 1,000 文字を入力し、[送信]または[戻る]をタップして、アプリケーション内に 1,000 文字すべてを同時に表示させることができます。