外部ディスプレイを Horizon Client で使用でき、画面解像度を変更できます。

Chrome OS デバイスを外部ディスプレイやプロジェクタに接続する場合、デバイスのキーボードの全画面表示キーを押して、Horizon Client を全画面表示モードで表示できます。

リモート デスクトップの画面解像度の拡張

デフォルトでは、Windows デスクトップ全体がクライアント デバイス内に収まり、デスクトップ アイコンとタスク バー アイコンが一定のサイズになるように、ディスプレイの解像度が設定されています。デフォルト設定をより高解像度に変更した場合、デスクトップはこれまでどおりクライアント デバイス内に収まりますが、デスクトップ アイコンとタスク バー アイコンはより小さくなります。

ディスプレイの解像度設定の変更

解像度設定を変更するには、Horizon Client ウィンドウの右上隅にある [設定](歯車)アイコンをタップし、[ディスプレイ][解像度] の順にタップします。

プロジェクタの使用

[解像度] 設定を使用して、プロジェクタにより高い解像度を設定できます。

マルチモニタ機能の使用

マルチモニタ機能を使用すると、リモート デスクトップを 1 台の外部モニターに拡張できます。マルチモニタ機能を有効にする場合には、Horizon Client でマルチモニタ機能を有効にするを参照してください。