Chrome の管理者は、登録済みの Chromebook で Horizon Client のデフォルトの接続サーバ URL を設定できます。デフォルトの接続サーバ URL が設定されていると、Horizon Client は常にデフォルトのサーバに接続します。

要件と前提条件

デフォルトの接続サーバ URL 機能には、次の要件と前提条件があります。

  • この機能は、G Suite 管理で登録され、管理されている Chromebook でのみサポートされます。
  • Chrome 管理者が Chrome のデバイス管理から Horizon Client for Chrome OS アプリケーションと VMware Horizon Client ヘルパー拡張機能をインストールする必要があります。アプリケーションと拡張機能は、ともに Chrome Web ストアから入手できます。

デフォルトの接続サーバ URL を設定すると、ユーザーがリモート セッションにログインする前に Horizon Client[設定](歯車のアイコン)が表示されなくなり、[VMware Blast][非認証アクセス] などの特定の設定が変更できなくなります。

JSON 設定ファイルの作成

Chrome 管理者は、JSON 設定ファイルにデフォルトの接続サーバ URL を指定する必要があります。たとえば、次の JSON 設定ファイルでは、デフォルトの接続サーバ URL に connection-server.mycompany.com を設定しています。

{ 
    "Default Server URL":{ 
    "Value":"connection-server.mycompany.com" 
   } 
}

次の形式の URL がサポートされています。

形式
ドメイン名のみ connection-server.mycompanycom
ドメイン名とポート connection-server.mycompany.com:443
HTTPS スキームとドメイン名 https://connection-server.mycompany.com
HTTPS スキーム、ドメイン名とポート番号 https://connection-server.mycompany.com:443

デフォルトの接続サーバ URL を設定するポリシーの作成

Horizon Client ユーザーに接続サーバ URL を設定するには、Chrome 管理者がポリシーを作成する必要があります。ポリシーを作成するには、Chrome 管理者が Google 管理コンソールにログインして VMware Horizon Client ヘルパー拡張機能を選択し、[ユーザー設定] を選択して、デフォルトの接続サーバ URL が指定された JSON 設定ファイルをアップロードする必要があります。

Google 管理コンソールの使用方法については、G Suite 管理者のヘルプを参照してください。