デスクトップ オペレーティング システムが応答しなくなった場合、リモート デスクトップの再起動が必要な場合があります。リモート デスクトップの再起動は、Windows オペレーティング システムを再起動することと同じです。デスクトップ オペレーティング システムでは、通常、再起動する前に未保存データを保存するよう求められます。

Horizon 管理者がデスクトップの再起動機能を有効にしている場合にのみ、リモート デスクトップを再起動できます。

デスクトップの再起動機能を有効する操作の詳細については、『Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』または『Horizon 7 での公開されたデスクトップとアプリケーションのセットアップ』を参照してください。

前提条件

  • Active Directory ユーザー名とパスワード、RSA SecurID ユーザー名とパスコード、RADIUS 認証ユーザー名とパスコードなどのログイン認証情報を取得します。
  • 1 度もログインしたことがない場合は、リモート デスクトップまたはアプリケーションへの接続 で手順について理解しておきます。

手順

  1. [サーバ] タブのサーバ ショートカットをタップして、サーバに接続します。
  2. 入力のダイアログが表示されたら、RSA のユーザー名とパスコード、Active Directory のユーザー名とパスワードのいずれかまたは両方を入力します。
  3. コンテキスト メニューが表示されるまで、デスクトップ名をタッチして押したままにします。
    この手順は [すべて] または [お気に入り] タブのいずれかから実行できます。
  4. コンテキスト メニューで [再起動] をタップします。
    [再起動] は、デスクトップがリセットを実行できるステータスにある場合にのみ使用できます。

結果

リモート デスクトップのオペレーティング システムが再起動し、 Horizon Client がデスクトップから切断され、ログオフされます。

次のタスク

システムが完全に起動するまで待機してから、リモート デスクトップへの再接続します。

リモート デスクトップを再起動しても問題が解決しない場合、リモート デスクトップをリセットする必要がある場合があります。リモート デスクトップまたはリモート アプリケーションのリセットを参照してください。