スマート カード認証では、Chromebook にスマート カード リーダーを接続してスマート カードを挿入し、Horizon Client でサーバを選択します。認証手順で、ユーザー名とパスワードの代わりに PIN を入力します。リモート デスクトップまたは公開アプリケーションを選択した後、スマート カードのコマンドと応答はすべてリモート デスクトップまたは公開アプリケーションにリダイレクトされます。

Horizon Client for Chrome で使用する場合、スマート カード認証には、いくつかの制限があります。

  • 接続サーバと Unified Access Gateway スマート カードのユーザー名のヒント機能はサポートされません。
  • 接続サーバのスマート カード取り外しポリシーはサポートされていません。
  • シングル サインオンはサポートされていません。リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに接続するときに、リモート セッション内でスマート カードの PIN をもう一度入力する必要があります。
  • スマート カードを使用してサーバとの認証を行った後は、Active Directory 認証など、別の認証方法に切り替えることはできません。次にサーバに接続するときに別の認証方法を使用するには、Chrome OS からログアウトするか、Chromebook を再起動する必要があります。
  • 証明書を選択して PIN を入力すると、選択した証明書が Chromebook のキャッシュに保存され、次にサーバに接続するときに使用されます。次にサーバに接続するときに別の証明書を選択するには、Chromebook を再起動する必要があります。