デフォルトでは、クライアント デバイスのプレーン テキストと HTML 形式のリッチ テキストをコピーして、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションに貼り付けることができます。

Horizon 管理者がこの機能を有効にしている場合、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションからプレーン テキストや HTML 形式のリッチ テキストをコピーし、貼り付けることができます。

Horizon 管理者は、クライアント デバイスからリモート デスクトップまたは公開アプリケーションへのコピー アンド ペースト操作のみを許可する、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションからクライアント デバイスへのコピー アンド ペースト操作のみを許可する、その両方を許可する、またはどちらも許可しないように、この機能を構成できます。

イメージやリッチ テキストをコピーして貼り付ける場合、次の制限があります。

  • クリップボード ソースが Google Docs などの Google アプリケーションの場合、クライアント デバイスが Google の Web サイトにアクセスできれば、イメージをコピーして貼り付けることができます。
  • クライアント デバイスからイメージとリッチ テキスト(またはプレーン テキスト)をまとめてコピーして、リッチ テキストにしか対応していないコピー先(WordPad など)を貼り付けると、イメージは破棄され、テキストのみが貼り付けられます。Microsoft Word など、コピー先のアプリケーションが HTML / XML 形式のリッチ テキストをサポートしている場合、このような制限はありません。
  • Horizon 管理者は、コピー アンド ペーストする時に、グループ ポリシーを使用してクリップボードの形式を制限できます。Microsoft Office のチャートおよび Smart Art データと Microsoft の文字効果データについては、クリップボードの形式フィルタ ポリシーはサポートされません。クリップボードの形式フィルタ ポリシーについては、Horizon でのリモート デスクトップ機能の構成ドキュメントを参照してください。スマート ポリシーを使用したリモート デスクトップのコピー アンド ペーストの動作の制御は、サポートされていません。

リモート デスクトップまたは公開アプリケーションからクライアント デバイスにコピーできるのは、最大で 64 KB のデータまでです。この制限を超えるプレーン テキストは切り詰められます。リッチ テキストはプレーン テキストに変換されます。

どのタイプのコピー アンド ペーストの操作でも、クリップボードは最大で 1 MB のデータを処理できます。プレーン テキストとリッチ テキスト データを合わせたサイズが最大クリップボード サイズより小さければ、フォーマットされたテキストが貼り付けられます。リッチ テキストは多くの場合に分割できないため、テキストとフォーマットのサイズが最大クリップボード サイズより大きい場合は、リッチ テキストが破棄されてプレーン テキストが貼り付けられます。1 回の操作では選択したフォーマット テキストすべてを貼り付けできない場合は、1 回の操作でコピー アンド ペーストを行うサイズを小さくする必要があります。