デスクトップ オペレーティング システムが応答を停止し、リモート デスクトップを再起動しても問題が解決しない場合は、リモート デスクトップをリセットする必要がある場合があります。

リモート デスクトップをリセットする操作は、物理的な PC を強制的に再起動するときに PC のリセット ボタンを押す操作と同じです。リモート デスクトップで開いているすべてのファイルが閉じられますが、保存されません。

公開アプリケーションをリセットすると、未保存のデータを保存せずにアプリケーションを終了します。実行中のすべての公開アプリケーションをリセットすることも、特定の公開アプリケーション セッションをリセットすることもできます。

Horizon 管理者がリモート デスクトップのリセット機能を有効にしている場合にのみ、リモート デスクトップをリセットできます。

デスクトップのリセット機能を有効にする操作の詳細については、Horizon での仮想デスクトップのセットアップまたはHorizon での公開されたデスクトップとアプリケーションのセットアップを参照してください。

手順

  1. 実行中のすべての公開アプリケーションをリセットするには、デスクトップとアプリケーションの選択画面の右上隅にある [設定] ツールバー ボタンをクリックします。[実行中のすべてのアプリケーションをリセットします] までスクロールして、[リセット] をクリックします。
  2. 公開アプリケーション セッションをリセットするには、デスクトップとアプリケーションの選択画面の右上隅にある [設定] ツールバー ボタンをクリックします。セッション管理センターを開き、アプリケーション セッションの [リモート アプリケーション] ボタンを選択して、[終了する] をクリックします。
    また、シェルフで公開アプリケーションのアイコンを右クリックして、 [セッション管理センター] をクリックしても、セッション管理センターを開くことができます。
  3. リモート デスクトップをリセットするには、デスクトップとアプリケーションの選択画面の右上隅にある [設定] ツールバー ボタンをクリックします。セッション管理センターを開いてリモート デスクトップ セッションを選択し、[リセット] をクリックします。
    また、シェルフで公開アプリケーションのアイコンを右クリックして、 [セッション管理センター] をクリックしても、セッション管理センターを開くことができます。

結果

リモート デスクトップをリセットすると、リモート デスクトップのオペレーティング システムが再起動し、クライアントがリモート デスクトップから切断され、ログオフされます。公開アプリケーションをリセットすると、そのアプリケーションは終了します。

次のタスク

システムが完全に再起動するまで待機してから、リモート デスクトップや公開アプリケーションに再接続します。