Horizon Client では、ブラウザ ウィンドウのサイズに合わせてリモート デスクトップのサイズを変更できます。この機能を使用するには、適切な量のビデオ RAM (VRAM) を使用するように、Horizon 管理者がリモート デスクトップを構成する必要があります。デフォルトの VRAM 構成は 36 MB です。3D アプリケーションを使用しない場合、VRAM の最小要件は 16 MB です。

Google Chromebook Pixel など、ピクセル密度解像度が高い Chromebook デバイスを使用している場合は、その解像度を使用するようにリモート デスクトップや公開アプリケーションを設定できます。[設定] ウィンドウで [高解像度モード] オプションをオンにします。このオプションが [設定] ウィンドウに表示されるのは、高解像度ディスプレイを使用している場合か、通常の画面を 100% を超えるスケールで使用し、管理者がこの機能を無効にしている場合だけです。

高解像度モード機能を無効にする方法については、Google 管理コンソールでの登録済みの Chromebook デバイスの設定を参照してください。

高解像度モード機能では、アクティブなリモート セッションの解像度を変更できません。機能を有効にするには、ログアウトしてからもう一度ログインする必要があります。

3D レンダリング機能を使用するには、それぞれのリモート デスクトップに十分な VRAM を割り当てる必要があります。

  • ソフトウェア アクセラレータによるグラフィック機能を使用すると、Windows Aero テーマや Google Earth などの 3D アプリケーションを使用できます。この機能には、64 MB ~ 128 MB の VRAM が必要です。
  • vSphere 5.1 以降で利用できるハードウェア アクセラレータによるグラフィック機能 (vSGA) により、デザイン、モデリング、およびマルチメディア用の 3D アプリケーションを使用できます。この機能には、64 MB ~ 512 MB の VRAM が必要です。デフォルトは 96MB です。
  • vSphere 5.5 以降で使用できる専用のハードウェア高速グラフィックス機能 (vDGA) は、ESXi ホスト上の単一の物理的な GPU(グラフィック処理ユニット)を単一の仮想マシン専用にするための機能です。この機能は、ハイエンドのハードウェア高速ワークステーション グラフィックスが必要な場合に使用します。この機能には、64 MB ~ 512 MB の VRAM が必要です。デフォルトは 96MB です。

3D レンダリングが有効である場合、モニターの最大数は 1 で、最大解像度は 3840 x 2160 です。

同様に、Google Chromebook Pixel など、ピクセル密度解像度が高い Chromebook を使用している場合は、各リモート デスクトップに十分な VRAM を割り当てる必要があります。

重要: VMware Blast 表示プロトコルに必要な VRAM 容量の計算は、PCoIP 表示プロトコルに必要な VRAM の計算に類似しています。