特定のゲスト OS とリモート デスクトップ機能には、特定の Horizon Agent バージョンが必要です。エンド ユーザーに提供する機能を計画する際に、この情報を使用してください。

サポート対象の Windows 仮想デスクトップ

Windows 仮想デスクトップは、単一セッションの仮想マシンです。

このバージョンの Horizon Client for Chrome は、Horizon Agent 7.5 以降がインストールされている Windows 仮想デスクトップでサポートされます。サポートされるゲスト OS は、Windows 7、Windows 8.x、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 ですが、次の制限があります。

  • Windows Server 2019 仮想デスクトップでは、Horizon Agent 7.7 以降が必要です。
  • Windows 7 および Windows 8.x の仮想デスクトップは、Horizon Agent 2006 以降でサポートされていません。
  • VMware Integrated Printing 印刷機能は、Windows 10、Windows Server 2016、または Windows Server 2019 仮想デスクトップで Horizon Agent 7.12 以降と連携します。Windows 7、Windows 8.x、Windows Server 2012 R2 仮想デスクトップでは機能しません。

RDS ホストでサポートされる公開デスクトップ

RDS ホストは、Windows リモート デスクトップ サービスと Horizon Agent がインストールされたサーバ コンピュータです。RDS ホスト上のリモート デスクトップ セッションは複数のユーザーによる同時利用が可能です。RDS ホストには物理マシンまたは仮想マシンのいずれかを使用できます。

このバージョンの Horizon Client for Chrome は、Horizon Agent 7.5 以降がインストールされている RDS ホストでサポートされます。サポートされるゲスト OS は、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 ですが、次の制限があります。

  • Windows Server 2019 RDS ホストでは、Horizon Agent 7.7 以降が必要です。
  • Windows Server 2012 RDS ホストは Horizon Agent 2006 以降でサポートされていません。
  • VMware Integrated Printing 機能は、Windows Server 2016 または Windows Server 2019 RDS ホストで Horizon Agent 7.12 以降と連携します。Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R5 RDS ホストでは機能しません。

サポート対象の Linux デスクトップ

サポートされる Linux ゲスト オペレーティング システムと機能については、Horizon での Linux デスクトップのセットアップを参照してください。