このドキュメント ページでは、デプロイされた Horizon Edge を構成する VMware ソフトウェア コンポーネントのメンテナンスに関する重要な事項について説明します。

Unified Access Gateway (UAG)、Edge Gateway などの Horizon インフラストラクチャ製品などの製品の更新が予定されている場合、VMware から E メール通知が届きます。

また、更新プロセスの各フェーズが開始、完了、再スケジュール、またはキャンセルされたときにも、E メール通知を受信します。

注: 製品の更新にはダウンタイムは必要なく、環境やワークロードに影響を与えることはありません。製品の更新を遅らせると、Horizon Cloud Service でサポートされていないソフトウェア バージョンが実行される可能性があるため、お勧めしません。

製品の更新プロセスが完了すると、VMware は更新された内容のサマリを E メールで送信します。

これらの E メール通知を受信できるようにするには、E メールの許可リストにメール アドレス donotreply@vmware.com を追加します。

Unified Access Gateway、Edge Gateway、およびクラスタは、ローリング ベースで更新されます。Horizon Universal Console で製品の更新およびメンテナンスに関連する情報を表示するには、[リソース] > [キャパシティ] > [メンテナンス] の順に選択します。

スケジュール設定されたメンテナンスのタイミングが適さない場合は、[メンテナンス] ページの [サポートへの問い合わせ] ボタンをクリックして VMware のサポートに連絡し、スケジュールを再設定します。