[場所] ページでファイル共有のコンテンツをインポートできます。

手順

  1. [設定] > [場所] を選択します。
  2. [場所] ページで、ファイル共有を選択します。
  3. [. . .]ボタンをクリックして、[インポート] を選択します。
    • ほとんどの場合、すべてのファイルは自動的にインポートされ、ユーザー インターフェイスの各ページで利用できるようになります。

      ファイル タイプ

      ユーザー インターフェイス ページ

      エージェント

      [割り当て] ページ(割り当てのエージェントのアップデートを参照)。

      AppStack

      [アプリケーション] ページ。

    • Agent ファイルが hotpatch として配信されている場合は、VMware の担当者から受け取ったハッシュ値を入力するよう求められます。VMware の担当者から特に指示がない限り、この機能を使用する必要はありません。