RSA SecurID を使用して、エンド ユーザーの 2 要素認証を有効にできます。

手順

  1. [設定] > [2 要素認証] を選択します。
  2. 認証を構成します。

    オプション

    説明

    第 2 要素認証方式

    [RSA SecurID] を選択します

    ユーザー名を維持

    [はい] を選択して、認証中にユーザー名を維持します。認証を試行しているユーザーには、RSA とドメイン チャレンジと同じユーザー名の認証情報が必要です。[いいえ] を選択すると、ユーザー名はロックされず、ユーザーは異なる名前を入力できます。

    外部接続のみ

    [はい] の場合、ネットワーク内のユーザーは、RSA の認証情報を入力する必要はありません。内部および外部の区別は、サービス プロバイダによって構成されます。[いいえ] の場合、ネットワーク内外の両方のユーザーは、RSA の認証情報を入力する必要があります。

    構成ファイルのアップロード

    [選択] をクリックして、sdconf.rec という名前のファイルに移動します。[開く] をクリックします。

  3. [保存] をクリックします。