アプリケーションをユーザーに割り当てる前に、アプリケーションを AppStacks にパッケージ化する必要があります。AppStack は、.vhd または .vmdk ファイルに格納されたファイル、フォルダ、レジストリ、およびメタデータの集合です。AppStack には .json ファイルが付属します。

AppCapture を使用して、AppStacks を作成および管理します。 AppCapture は、App Volumes の外部で実行するスタンドアロンのユーティリティです。AppCapture は、コマンド ラインまたは Microsoft PowerShell のいずれかを使用して実行できます。

仮想マシンで AppStacks を作成するときは、AppCapture ユーティリティを使用します。

App Volumes.vmdk ファイルのみを使用します。 .vhd ファイルは、他の VMware 製品を含む物理マシンにアプリケーションをインストールするために使用することがあります。

AppCapture および UEM アプリケーション プロファイラ

実際の割り当てを実行せずに、割り当てにあるアプリケーションをキャプチャした後に AppStack をパーソナライズする場合があります。

パーソナライゼーションのための AppCapture インストーラでパッケージ化された UEM アプリケーション プロファイラを使用できます。/personalize オプションを指定して AppCapture.exe コマンドを使用すると、UEM アプリケーション プロファイラのウィンドウが表示されます。パーソナライズし、設定を保存するアプリケーションを選択できます。

/personalize オプションの使用の詳細については、AppCapture のコマンド ライン オプションを参照してください。