ユーザー インターフェイスの外部でファイル共有を作成した後、それを [場所] ページに追加できます。

注:

ファイル共有を追加するときに、ファイル共有のコンテンツ(エージェント ファイルまたは AppStack)がシステムにインポートされます。あとでファイル共有にコンテンツを追加する場合は、インポート機能を使用してコンテンツをインポートできます。

前提条件

[場所] ページにファイル共有を追加するには、最初にユーザー インターフェイスの外部でファイル共有を作成する必要があります。ファイル共有の作成を参照してください。

手順

  1. [設定] > [場所] を選択して、[ファイル共有] をクリックします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [新しいファイル共有] ダイアログ ボックスで必須情報を指定します。

    オプション

    説明

    名前

    ファイル共有の名前。

    ドメイン

    ファイル共有のドメイン。ドロップダウン リストから選択します。

    ユーザー名

    ファイル共有の管理者ユーザー。

    パスワード

    ファイル共有の管理者パスワード。

    タイプ

    ファイル共有のタイプ。ファイル共有に含まれるものに応じて、「エージェント」または「アプリケーション/イメージ」を選択します。

    • エージェントのファイル共有は、エージェント ソフトウェアのアップデートをインポートするためにのみ使用されます。

    • AppStack のインポートにはアプリケーション/イメージ ファイル共有が使用されます。

    ソース パス

    ファイル共有へのネットワーク パス。

    転送先ポッド

    (アプリケーション/イメージ タイプのみ)このフィールドは、テナントに複数のポッドがある場合にのみ表示されます。ドロップダウン リストからポッドを選択します。

  4. [保存] をクリックします。