さまざまなシステムの機能についてのテクニカル ノートを次に示します。

  • カスタム ブランディング

    デスクトップ ポータル用のカスタム ブランディング スキームがある場合、テナントのアップグレード後に、すべてが適切に表示されるかどうかを確認する必要があります。VMware のブランディングの変更に伴い、特に注意が必要な領域がいくつかあります。

    • ログイン ページ:

      CSS セレクタ:#productNameInner

      margin-left プロパティを調整するか、font-size を小さくする必要があります。たとえば、

      font-size: 14px; とします。

    • 他のページ:

      ログイン ページと同様の変更が必要になる可能性が高いと考えられます。また、#banner セレクタの background-position の調整が必要になる場合があります。その場合、

      background-position: 0px 0px; とします。

  • Sysprep が完了した後のコマンドを有効にする
    • Sysprep が完了した後のコマンドを有効にするには、デスクトップをイメージに変換する前に、デスクトップで次の手順を実行します。

      1. C:\ ドライブの下に sysprep という名前のフォルダを作成します。

      2. sysprep フォルダに postprep-extra.bat という名前のバッチ ファイルを作成します。

      3. バッチ ファイルに必要なコマンドを追加して保存します。

      4. デスクトップをイメージに変換します。ファイルパスは C:\sysprep\postprep-extra.bat となります。Sysprep は、specialize パス中(エージェントが動作してドメインに参加する前)に、このバッチ ファイルを起動します。

    • Sysprep が完了した後のバッチ ファイルをテンプレート内で設定するには、ゴールド パターンへの変換(ドメイン参加の前に実行される)の前に次の手順を実行します。

      1. バッチファイル (C:\sysprep\postprep-extra.bat) を作成します。

      2. C:\Sysprep\....という構造のフォルダを作成します。Windows 7 の場合、C:\Sysprep\postprep-extra.bat となります。

      3. バッチ ファイルにコマンドを記録します。Sysprep が完了した後にバッチ ファイルが実行されます。