ファイル共有を設定し、データをユーザー インターフェイスにインポートできます。

  • ユーザー インターフェイスの外部で、個別に管理されるマシン上でファイル共有を作成した後、[インフラストラクチャ] ページに追加できます。
  • ファイル共有がシステムに追加された後は、設定している機能に応じて、コンテンツが自動または手動でインポートされます。
  • さまざまな機能をサポートする、次の 2 つのタイプのファイル共有があります。
    タイプ 用途:
    エージェント
    • エージェント ソフトウェアのアップデート:エージェント ファイルは自動的にファイル共有にダウンロードされ、システムにインポートされ、[割り当て] ページで利用可能になります。割り当てのエージェントのアップデートを参照してください。
    アプリケーション/イメージ