イメージのアップロード サービスは、OVF 形式の汎用仮想マシン テンプレートで使用できます。仮想マシンは、インポートの前に適切に準備されている必要があります。

手順

  1. [ヘルプ] リンクをクリックして、デスクトップ ソフトウェア/サービスの要件を確認します。
  2. [エージェントのダウンロード] リンクをクリックして、必要なソフトウェア(エージェント)と SSL 証明書をダウンロードします。テナントのアプライアンスのバージョンに応じて、サービス プロバイダがファイルを準備します。
  3. 次の要件が満たされていることを確認します。
    • ソフトウェア

      [イメージのアップロード サービス] ページの [エージェントのダウンロード] リンクから、必要なソフトウェアをダウンロードできます。次のソフトウェアをインストールする必要があります。

      • Horizon DaaS Agent
      • Horizon Agent
      • Horizon DaaS Health Agent
    • SSL 証明書

      DaaS Agent に Horizon DaaS のテナント証明書ファイルが設定されている必要があります。[イメージのアップロード サービス] ページの [エージェントのダウンロード] リンクからダウンロードできます。x64 システムに DaaS Agent をデフォルトでインストールする場合、証明書ファイルを次の場所にコピーする必要があります。

      C:\Program Files (x86)\VMware\VMware DaaS Agent\cert\cacert.pem

    • サービス

      次のサービスが自動的に開始されるように設定されている必要があります。

      • VMware DaaS Agent (DaaS Agent)
      • VMware Horizon View Agent (WSNM)
      • Windows Firewall (MpsSvc)
      • Desktop Window Manager Session Manager (UxSms)
      • VMware Blast (VMBlast)
  4. 複数のデスクトップ マネージャがある場合は、DaaS Agent の設定ファイルでデスクトップ マネージャの IP アドレスを更新します。x64 システムに DaaS Agent をデフォルトでインストールする場合、設定ファイルは次の場所にあります。

    C:\Program Files (x86)\VMware\VMware DaaS Agent\service\MonitorAgent.ini

    • 次の行を見つけます。

      ;standby_address=<uncomment and add comma separated standby address list>

    • 先頭のセミコロンを削除してコメント解除し、デスクトップ マネージャの IP アドレスをカンマで区切って追加します。次に例を示します。

      standby_address=192.168.11.3,192.168.11.4,192.168.11.5,192.168.11.6

  5. エクスポートを実行する前に、次のことを確認します。
    • ネットワーク アダプタの種類が VMXNET3 になっていること。E1000 では動作しません。
    • 仮想マシンに ISO が接続されていないこと。仮想 CD-ROM ドライブは安全に取り外しできます。
    • ターゲットのハイパーバイザーで仮想マシンのバージョンがサポートされていること。混合インフラストラクチャの場合、必ずしも最新の仮想マシンがサポートされているとは限りません。可能な場合は、仮想マシンのバージョンをバージョン 8 など低いままにしておきます。サポートされている仮想マシンのバージョンについては、サービス プロバイダにお問い合わせください。また、仮想マシンのバージョンに互換性がない場合、ツールを使用しようとするとエラーが報告されます。
    • 仮想マシンで 3D グラフィックス カードの機能が有効になっていないこと。
    • 仮想マシンが OVF 形式でエクスポートされていること。現在、イメージのアップロード機能では、OVA はサポートされていません。