一部のアプリケーションは、ファームのスキャンによって自動的に検出することはできません。それらのアプリケーションは、Horizon Cloud アプリケーション カタログに手動で追加することができます。

このようなアプリケーションが複数ある場合は、以下の手順を繰り返して追加します。

前提条件

[インベントリ] > [ファーム] に移動して、インベントリに少なくとも 1 つのアプリケーション ファームがあることを確認します。

手順

  1. [アプリケーション] ページで、[新規] をクリックします。

    [新規アプリケーション] 画面

  2. [スタート] 画面で、[ファームから手動で] をクリックします。
  3. [プロパティ] セクションで次の値を指定します。
    オプション 説明
    名前 アプリケーションに付ける一意の名前。
    表示名 エンド ユーザーがアクセスする Horizon Client または Workspace ONE などのクライアントに表示されるアプリケーションの名前。
    ポッド データセンターが複数のポッドで構成されている場合にのみ、このオプションは表示されます。[ファーム] リストに表示されるファームのセットをフィルタするポッドを選択します。
    ファーム 追加するアプリケーションが含まれる RDSH サーバ仮想マシンを持つファームを選択します。
    アプリケーション パス RDSH サーバ仮想マシンのオペレーティング システム内のアプリケーションへのパスを指定します。
    アイコン ファイル オプション:アプリケーションのアイコンとして使用する PNG ファイル(32 x 32 ピクセル)をアップロードします。
  4. [詳細プロパティ] セクションで、以下のオプション設定を指定します。
    オプション 説明
    ファームで利用可能なアプリケーション [はい] を選択すると、システムはアプリケーションのパスを検証します。アプリケーションがそのパスのファームに存在しない場合は、[いいえ] を選択して、システムがアプリケーションを検索しないようにします。たとえば、アプリケーションがサーバ仮想マシンのローカル ディレクトリに格納されている場合は、[いいえ] を選択して、システムがその場所のアプリケーションを検索しないようにします。
    バージョン オプション:アプリケーションのバージョン番号
    公開 オプション:アプリケーションの公開者
    開始フォルダ RDS サーバ仮想マシンの Windows オペレーティング システム内で、リモート アプリケーションがその開始フォルダとして使用する場所を指定します。
    注: [アプリケーション パス] に独自の開始ディレクトリを指定する LNK ファイルを指定すると、システムはここで指定した場所を使用しません。
    パラメータ リモート アプリケーションを起動するときに使用するコマンド ライン パラメータを指定します。
  5. [送信] をクリックします。

結果

システムは [アプリケーション] ページにアプリケーションのエントリを追加します。

次のタスク

他のファームのアプリケーションについて、上記の手順を繰り返します。