これらの構成を Horizon Cloud で使用して、Horizon Client がエンド ユーザーのクライアント マシンから Horizon Cloud 環境で提供されるデスクトップまたはアプリケーションに URL をリダイレクトするときに適用される URL 処理ルールを定義します。URL リダイレクト構成では、どの URL をユーザーのローカル システムで開く代わりにエンド ユーザーに割り当てた Horizon Cloud デスクトップまたはアプリケーションで処理するのかについての情報を Horizon Client に提供します。

注: Horizon Cloud 管理コンソールには、クライアントからエージェントへの URL リダイレクトを設定するためのユーザー インターフェイスがあります。エージェントからクライアントへの URL リダイレクトを構成するには、 エージェントからクライアントへのリダイレクトの構成の説明に従ってグループ ポリシー設定を使用する必要があります。以下の手順では、クライアントからエージェントへの URL リダイレクトを構成します。

ユーザーがローカル デバイスの Horizon Client にログインするときに、Horizon Client はエンド ユーザーの割り当て済み URL リダイレクト構成をフェッチします。次に、そのユーザーがローカル ドキュメントまたはファイル内のリンクを開こうとし、そのリンクが設定内の URL パターン ルールに一致する場合、Horizon Client は使用する適切なハンドラを決定します。指定されたハンドラは、ユーザーに割り当てられたデスクトップまたはアプリケーション(URL リダイレクト設定で指定した適切なハンドラによって決定される)を開いて、URL リンクを処理します。URL リダイレクト ハンドラによってデスクトップを使用するように指定された場合、リンクの指定されたプロトコルに対するデスクトップのデフォルト アプリケーションが URL を処理します。ハンドラによってアプリケーションを使用するように指定された場合、ユーザーに割り当てられたアプリケーションが URL を処理します。ユーザーがハンドラで指定されたデスクトップまたはアプリケーションを使用する資格を持たない場合、ハンドラの [厳密な一致][いいえ] に設定していない限り、Horizon Client はユーザーにメッセージを返します。

[厳密な一致][いいえ] に設定されている場合、システムは次のフォールバック動作に基づいて使用するリソースを見つけます。

  1. システムは、ハンドラに指定されたターゲット リソースの部分文字列の一致を使用してユーザーの割り当てを検索します。部分文字列に一致する割り当てが見つかると、システムはその割り当てられたデスクトップまたはアプリケーションを使用してリンクを開きます。
  2. ハンドラの [リソース タイプ][アプリケーション] に設定されている場合、部分文字列の一致検索に失敗すると、システムは、ユーザーのアプリケーション割り当て内で、ハンドラの [スキーム] フィールドで指定されたプロトコルを処理できる割り当て済みアプリケーションを検索します。
    注: このフォールバック動作の手順はアプリケーションにのみ適用されます。 [リソース タイプ][デスクトップ] に設定されている場合、この手順はスキップされます。
  3. システムがユーザーの割り当て内でプロトコルを処理できるリソースを見つけることができない場合、Horizon Client はユーザーにメッセージを返します。
重要: クライアントが URL リダイレクト機能を処理できるようにするには、ユーザーの Horizon ClientURL_FILTERING_ENABLED=1 オプションを使用してインストールする必要があります。詳細については、VMware Horizon 7 ドキュメントの「 URL コンテンツ リダイレクト機能を備えた Horizon Client for Windows のインストール」を参照してください。

VMware Identity Manager™ に統合された環境でユーザーに対して URL リダイレクト機能が動作するには、ユーザーは Horizon Client を使用して少なくとも 1 つのアプリケーションを開いている必要があります。[クライアントで開く] オプションを使用して 1 つ以上のアプリケーションを開くと、ユーザーに割り当てられた URL リダイレクト設定がクライアント デバイスのレジストリ(Horizon Client はここで設定の値を取得できる)にロードされます。

ユーザーには複数の URL リダイレクト設定を割り当てることができます。その場合、これらの設定では [アクティブ] が [はい] に設定されます。異なる設定のルール間の潜在的な競合を回避するには、ユーザーが Horizon Client にログインすると、システムは次のように動作します。

  • ユーザーがアクティブな割り当て済み設定を複数持っている場合でも、1 つの設定のみを有効にします。
  • アルファベット順の最初の URL リダイレクト設定を、ユーザーに対する有効な設定として使用します。

前提条件

管理コンソールを使用して URL リダイレクト構成を作成する前に、以下の前提条件を満たしていることを確認します。

  • ファームによって使用される基本イメージ内の Horizon Agent が、コマンド ラインの URL_FILTERING_ENABLED=1 パラメータを使用してインストールされていること。
  • Horizon Cloud インベントリに、構成で使用するセッション デスクトップとリモート アプリケーションがあること。

手順

  1. [割り当て] ページで、[URL リダイレクト] をクリックします。
    [新しい URL リダイレクト構成] ウィザードが開き、最初の手順が開始します。
  2. [定義] 手順の [全般設定] セクションで、全般設定を構成し、[ルール] セクションまでスクロールします。
    オプション 説明
    名前 この構成にわかりやすい名前を入力します。
    有効 この構成を有効にするには [はい] を選択します。
    説明 オプションで、構成の説明を入力します。
  3. [ルール] セクションで、この構成が Horizon Client にクライアント システム上でインターセプトするよう指示する URL パターンのリストを作成します。
    1. [URL パターン] フィールドに、インターセプトする URL 一致パターンを指定する引用符で囲まれた文字列を入力します。
      https:// のようなプロトコルのプリフィックスを含める必要があります。ワイルドカードを使用して、複数の URL に一致する URL パターンを指定できます。

      次に例を示します。

      • "http://google.*" と入力すると、テキスト google を含むすべての URL がインターセプトされます。
      • .*(アスタリスクとピリオド)と入力すると、すべての URL がインターセプトされます(すべて一致)。
      • "mailto://.*.example.com" と入力すると、テキスト mailto://.*.example.com を含むすべての URL がインターセプトされます。
    2. [追加] をクリックして URL パターンをルールのリストに追加します。
    1. さらに URL 一致パターンを追加するには、この手順を繰り返します。
  4. [次へ] をクリックしてウィザードの次の手順に進みます。
  5. [構成] の手順で、どのターゲット インベントリ リソースが各種プロトコルを処理するかを決定するハンドラのセットを定義します。
    ハンドラは、ユーザーが使用資格を持つどのデスクトップまたはアプリケーションが特定のプロトコルを処理するかを定義します。たとえば、ユーザーが mailto ハイパーテキスト リンクを持つ Microsoft Word ドキュメントを開き、ドキュメント内でそのリンクをクリックすると、ハンドラは、Microsoft Outlook や Mozilla Thunderbird など、資格のあるどのアプリケーションが要求を処理するかを決定します。
    1. [新規] をクリックします。
    2. ハンドラ ウィンドウで、設定を構成し、[保存] をクリックします。
      オプション 説明
      名前 ハンドラの名前を入力します。
      スキーム このハンドラが適用されるhttphttpsmailtocallto などのプロトコルを入力します。
      リソース タイプ デスクトップまたはアプリケーションのどちらが指定したプロトコルを処理するかを選択します。
      ターゲット リソース [スキーム] フィールドで指定したプロトコルを処理する、Horizon Cloud インベントリのターゲット リソースの名前を入力します。
      厳密な一致 [ターゲット リソース] フィールドで指定された名前と、ユーザーが使用できる資格のあるセッション デスクトップまたはリモート アプリケーションの名前との間で完全一致を強制するには [はい] を選択します。

      システムでフォールバック動作を使用し、エンド ユーザーが [ターゲット リソース] フィールドに指定された名前と完全一致する名前のリソースの割り当てを持たない状況に対応できるようにするには、[いいえ] を選択します。

      たとえば、[リソース タイプ][アプリケーション] に設定されていて、mailto プロトコルを処理するターゲット リソースとして Microsoft Outlook を指定したとします。ユーザーが Microsoft Outlook アプリケーションの割り当てを持っていない場合、[厳密な一致][いいえ] に設定されていると、システムは、mailto プロトコルを処理するためにそのユーザーに割り当てられた互換性のあるアプリケーション(Mozilla Thunderbird など)を検索します。

    3. さらにハンドラを追加するには、この手順を繰り返します。
  6. [次へ] をクリックしてウィザードの次の手順に進みます。
  7. この URL リダイレクト割り当てのユーザーとグループを検索して選択し、[次へ] をクリックします。
  8. 概要情報を確認して、[送信] をクリックします。