[全般設定] ページから全般設定の編集や証明書のアップロードを行うことができます。

手順

  1. [設定] > [全般設定] を選択します。
  2. [編集] をクリックします。
  3. 次の設定の変更を行います。
    オプション 説明
    ネットワーク [ネットワーク] リストには、現在使用しているネットワークのリストが表示されます。このリストは編集できません。 サービス プロバイダに問い合わせて、ネットワークを編集するか、ネットワークを追加します。
    デフォルトのドメイン 編集するデフォルト ドメイン。
    セッション タイムアウト
    • Client ハートビートの間隔:Horizon Client ハートビートの間隔と接続の状態を制御します。これらのハートビートによって、経過したアイドル時間の長さがブローカに報告されます。アイドル時間は、デスクトップ セッションにおけるアイドル時間とは対照的に、エンド ポイント デバイスとのやりとりがない場合に発生します。大規模なデスクトップのデプロイ環境では、アクティビティ ハートビートの間隔を長く設定すると、ネットワーク トラフィックを低減し、パフォーマンスを向上できる場合があります。
    • Client アイドル ユーザー:テナントに接続している間、ユーザーが操作しなくてもよい最大時間。この最大時間に達すると、アクティブなすべての Horizon Client デスクトップ セッションからユーザーが切断されます。ユーザーは、Horizon Client に再度アクセスするために、再認証する必要があります。
      注: デスクトップから予期せずに切断されないように、少なくとも [Client ハートビートの間隔] の 2 倍の値になるように [Client アイドル ユーザー] を選択します。
    • Client ブローカ セッション:認証の有効期限が切れるまで、Horizon Client インスタンスがテナントに接続できる最大時間。タイムアウトまでの時間は、ユーザーが認証するたびに毎回最初からカウントが開始されます。タイムアウトが発生しても、作業を続行できます。設定の変更など、ブローカと通信するアクションを実行すると、再度認証して、デスクトップに再ログインするように要求されます。
      注: [Client ブローカ セッション] のタイムアウトは、少なくとも [Client ハートビートの間隔] と [Client アイドル ユーザー] のタイムアウトの合計値以上にする必要があります。
    • ユーザー ポータルのタイムアウト:接続を確立するときに、再度ログインが必要になるまでどれだけの時間ユーザー ポータルで作業できるか示します。
    ユーザー ポータルの構成 この機能は廃止されました。
    監視
    ユーザー セッション情報を有効にする - この機能を使用すると、クラウド監視サービス (CMS) はユーザーとドメイン データを [レポート] ページのレポートに使用できます。無効にすると、以下の機能は使用できません。
    • [使用率] レポートの [一意のユーザー サマリ] 機能
    • [セッション履歴] レポート
    注: 仮想マシン(RDSH および VDI)のエージェントは、Horizon Cloud にデータを送信するためのアウトバウンド インターネット アクセスを必要とします。
    HTML Access タブを閉じたときに認証情報をクリーンアップ - [HTML Access ポータル接続] タブを閉じた場合に、ブローカ セッションの認証情報を削除するかどうかを制御します。
    エージェントのペアリング レガシー(16.6.0 より前)エージェントおよび 16.6.0 エージェントのアクセスを決定するテナントにポリシーを設定します。 オプションは次のとおりです。
    • 15.3 互換モード:レガシー エージェントおよび 16.6.0 エージェントが Desktop Manager とペアリングできます。これは、アップグレードされたセットアップ用のデフォルト設定です。
    • 16.6 アップグレード モード:レガシー エージェントを制限します。ただし、永続デスクトップ上のブートストラップされていない 16.6.0 エージェント、およびブートストラップされた 16.6.0 エージェントを許可します。デスクトップまたはエージェント サービスが再起動されない限り、このモードは 15.3.x エージェントを使用してすでにペアリングされているデスクトップを制限しません。
    • 16.6 モード:ブートストラップされた 16.6.0 エージェントのみペアリングできます。デスクトップまたは DaaS エージェント サービスが再起動されない限り、このモードは 15.3.x エージェントまたはブートストラップされていない 16.6.0 エージェントを使用してすでにペアリングされているデスクトップを制限しません。これは、フレッシュ インストール用のデフォルト設定です。

    この設定を変更する場合:

    • [15.3 互換モードから 16.6 アップグレード モードへの変更] は、システムに 16.6 以前のエージェントは存在しないが、エージェントが 16.6 にアップグレードされる前の状態のいくつかの専用デスクトップが存在する場合のみ実行します。
    • [15.3 互換モードから 16.6 モードへの変更] は、16.6 以前のエージェントも存在せず、レガシー認証情報にペアリングされた 16.6 エージェントも存在しない場合に実行します。16.6 モードが有効になると、ブートストラップ イメージを使用して作成された仮想マシンのみが動作します。
    RDSH ファーム RDSH ファームのポリシー パラメータを定義します。
    • セッションの有効期間のリマインダ メッセージ - このメッセージは、指定された猶予期間後にログオフされることをユーザーに通知します。

      デフォルトのメッセージは「Dear user, your session has reached the maximum lifetime, you will be logged off in {0} minutes」です。[猶予期間] フィールドに指定した値は、ユーザーに表示されるメッセージの「{0}」を置き換えます。

    • 猶予期間 - セッションの有効期間のリマインダ メッセージの後でユーザーがログオフされるまでの時間。
    お問い合わせ先情報 管理者と技術者の連絡先情報。
  4. [保存] をクリックします。