AppCapture は、いくつかのファイルとフォルダを作成します。

AppCapture は、 C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds にさまざまなフォルダを作成します。
表 1. AppCapture のフォルダ
フォルダ 説明
appvhds AppCapture を使用して AppStack を作成するときに生成される .vhd.json、および .vdmk ファイル。
logs AppCapture により生成されるログ ファイル。ログ ファイルは AppCapture.log という名称であり、C:\ProgramData\VMware\AppCapture\logs に配置されます。
modules PowerCLI 操作を実行するために必要とされる PowerCLI の .dll ファイル。
plugins VMware Horizon Air のプラグイン。プラグインは、エンド ユーザーへの展開向けに AppStack を正しい形式に変換します。
templates

.vhd ファイル テンプレート。AppStack を作成する上での定型の .vhd ファイルとして機能します。

ユーザーが別のディレクトリを指定しない限り、 AppCaptureappvhds ディレクトリにこれらのファイルを作成します。 AppCapture のコマンドライン オプションを参照してください。
表 2. AppCapture のファイル
ファイル 説明
application.vhd AppStack の一部となるアプリケーション ファイルを保持する .vhd ファイル。
application.vmdk VMware Horizon Air がネイティブに使用する VMDK 形式の仮想ハード ディスク ファイル。
application.json AppStack にキャプチャされたアプリケーションに関する情報を含む .json ファイル。