AppCapture のコマンドライン オプションを使用して、AppStack を作成および管理します。

AppCapture.exe コマンド オプション

/meta/vhd、および /vmdk オプションは、JSON、VHD、または VMDK ファイルを誤って削除してしまった場合に役立ちます。JSON ファイルが削除されると、App VolumesAppStack を読み取ることができません。

/personalize コマンドを使用して、AppStack をパーソナライズできます。

AppCapture.exe コマンドには、次のオプションがあります。

表 1. AppCapture.exe のコマンドライン オプション
タスク オプション
AppCapture.exe コマンドに関するヘルプを表示します。 /?

AppStack の作成者の名前を指定します。名前にスペースが 1 つ以上含まれる場合は、名前をかっこで囲みます。

例:AppCapture.exe /n /a (IT Admin)

/a

AppStack の説明を指定します。

例:This disk contains XYZ suite of applications.

/d

AppStack の JSON、VHD、および VMDK ファイルの内容を一覧表示します。デフォルトのディレクトリを使用していない場合は、ファイルの場所となるディレクトリを指定します。

例:AppCapture.exe /list filePath

/list

VMDK ファイルを入力として使用して、.json ファイルを生成します。デフォルトのパスを使用していない場合は、VMDK ファイルを含むパスを指定します。

例:AppCapture.exe /meta appStackPath

/meta

AppStack を作成します。

例:AppCapture.exe /n

/n

AppStack ファイルの出力ディレクトリを指定します。デフォルトのディレクトリは C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds です。

このオプションを /s オプションと一緒に使用すると、既存の AppStack から AppStack を作成できます。AppStackを参照してください。

例:AppCapture.exe /s oldAppStackDir /o newAppStackDir

/o

AppStack ファイルのソース ディレクトリを指定します。デフォルトのディレクトリは C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds です。

新しいアプリケーションをインストールする場合は、このオプションを使用しないでください。

このオプションを /o オプションと一緒に使用すると、既存の AppStack から AppStack を作成できます。AppStackを参照してください。

例:AppCapture.exe /s oldAppStackDir /o newAppStackDir

また、/s オプションを /n オプションと一緒に使用すると、古い AppStack を新しいものに更新できます。この例では、既存の oldAppStack.vhdAppStack を基本 AppStack としてコピーして、newAppstackName として更新できます。

AppCapture.exe /n newAppstackName /s oldAppStack.vhd /o newAppStackDir

/s

.vmdk ファイルから .vhd ファイルを作成します。デフォルトのパスを使用していない場合は、.vhd ファイルを含むパスを指定します。

例:AppCapture.exe /vhd appStackPath.vmdk

/vhd

VHD ファイルを入力として使用して、VMDK ファイルを生成します。デフォルトのパスを使用していない場合は、.vhd ファイルを含むパスを指定します。

例:AppCapture.exe /vmdk appStackPath.vhd

/vmdk

事前検証用にプロビジョニングした後、アプリケーションを仮想化します。他のパラメータを付けずに /test オプションを使用する場合、AppStack には 1 つのアプリケーション バンドルのみが含まれるようになります。

例:AppCapture.exe /test Provisioned appStackPath.vhd

AppStack にあるすべてのアプリケーション バンドルを仮想化します。例:AppCapture.exe/testProvisioned appStackPath.vhd *

AppStack で一致する GUID によって特定されるアプリケーション バンドルを仮想化します。例:AppCapture.exe/testProvisioned appStackPath.vhd GUID1, GUID2.. GUIDn

/test <Provisioned AppStackPath>.vhd [* | GUID]

UEM アプリケーション プロファイラを使用して、ユーザーがアプリケーション バンドルをパーソナライズできるようにします。パーソナライゼーション設定を含む構成ファイルが生成されます。デフォルトでは、ファイルは、VHD と同じ場所の UEMConfigFiles\AppStack フォルダに保存されます。

例:AppCapture.exe /personalize C:\FinanceApps.vhd:パーソナライゼーション設定は、C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds\UEMConfigFiles\FinanceApps に保存されます。

/predef サブオプションはオプションのブール型スイッチで、指定されたアプリケーション バンドルの定義済み設定を構成ファイルに取り込む /personalize オプションとともに使用できます。定義済みの設定は、追加する構成ファイルに取り込まれます。

例:AppCapture.exe/personalizeC:\FinanceApps.vhd/predef:パーソナライゼーション設定は定義済みの設定と一緒に、C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds\UEMConfigFiles\FinanceApps に保存されます。

/flexconfigname サブオプションは、パーソナライゼーション設定を分かりやすい構成ファイルの名前で保存する /personalize コマンドとともに使用できます。

例:AppCapture.exe/personalizeC:\FinanceApps.vhd/flexconfignameMSOffice2016:パーソナライゼーション設定は、C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds\UEMConfigFiles\MSOffice2016 に保存されます。

                  /personalize <ProvisionedAppStackPath>.vhd
 [/predef | flexconfigname <flexconfigfilename> ]