エージェント アップデート機能を使用して、イメージの Horizon Agent インストーラをアップデートし、アップデートを割り当てにプッシュします。

エージェント アップデート機能は、次のように機能します。

  • システムは VMware CDS ソフトウェア配布ネットワークと定期的に通信して、Horizon Agent インストーラの新しいバージョンが使用可能かどうかを確認します。新しいバージョンが、ローカル マシンに設定しているファイル共有にダウンロードされます。アップデート ファイルは自動的にシステムにインポートされ、イメージで利用できるようになります。
  • アップデートが利用できるかどうかは [イメージ] ページに表示され、このページからアップデートをイメージに適用できます。
  • 要求に応じて、VMware 担当者が、Horizon Agent インストーラの新しいバージョンをスキャンする間隔と、テナント起動後のスキャンの待機時間を調整できます。

前提条件

  • エージェント ファイル共有を作成して Horizon Cloud に追加しておく必要があります。つまり、ファイル共有を作成するときに、ファイル共有のタイプで [エージェント] を選択します。エージェント ファイル共有は、Horizon Agent インストーラのファイルをインポートするためにのみ使用されます。ファイル共有の管理を参照してください。
  • イメージにはすでに DaaS Agent 17.2.0-6819771 以降または Horizon Agent 7.3.2-7161471 以降がインストールされている必要があります。

手順

  1. [インベントリ] > [イメージ] の順にクリックします。

    [イメージ] ページが表示されます。Horizon Agent インストーラのアップデートを利用できるイメージの名前の横に、青いドットが表示されます。青いドットの上にカーソルを置くと、そのイメージで使用可能な Horizon Agent インストーラの新しいバージョンを示すポップアップが表示されます。

  2. チェック ボックスを選択します。アップデートできるのは、1 回に 1 つのイメージのエージェントのみです。
  3. [エージェントのアップデート] をクリックします。
    エージェントのアップデートのダイアログが表示されます。
  4. [ソフトウェア] タブで、アップデートする Horizon Agent インストーラのバージョンを選択して [次へ] をクリックします。
  5. (オプション)[コマンド ライン] タブで、コマンド ライン オプションを追加します。コマンド ライン オプションの詳細については、関連するエージェントのドキュメントを参照してください。
    注: 現在、DaaS Agent で利用できるコマンド ライン オプションはありません。
  6. [終了] をクリックします。
    • アップデートが開始されたことを示すメッセージがページの最上部に表示されます。
    • システムではイメージのクローンが作成され、クローン イメージのエージェントがアップデートされます。
    次の点に注意してください。
    • デスクトップのアップデートはバッチで処理されます。一度に処理できるデスクトップは 30 台までです。割り当てに含まれるデスクトップが 30 台以下である場合、割り当てのすべてのデスクトップが同時にアップデートされます。ご要望に応じて、VMware の担当者がバッチのサイズを調整できます。
    • デスクトップにアクティブなセッションがある場合、ユーザーはアップデートが開始される 5 分前に警告されます。
    • アップデート中のデスクトップにユーザーがログインしようとすると、ログインは失敗して、デスクトップを利用できないというメッセージが表示されます。

    [監視] > [アクティビティ] の順に選択すると、アップデート タスクの進捗を表示できます。24 時間以内に正常に完了しなかった場合、アップデート タスクは失敗します。

  7. クローンのイメージに基づいて更新をプッシュします。詳細については、イメージの管理を参照してください。
  8. (オプション)元のイメージを削除し、クローン イメージの名前を元のイメージの名前に変更します。