ユーザー インターフェイスを開くと、デフォルトで [はじめに] ウィザードが起動し、Horizon Cloud システムをセットアップするために必要なタスクが表示されます。ウィザードには、これまでユーザーが完了した作業の概要と、今後実行する必要がある作業が表示されます。ページの上部にある [再生] アイコンをクリックすると、いつでもこのページにアクセスできます。

表示されている順序でタスクを実行することを推奨します。

注: 初回のログイン時には、システムを使用する前に Active Directory を登録する必要があります。以下の [全般的なセットアップ] の説明を参照してください。
セクション 説明
[全般的なセットアップ] 全般的な設定に関連するタスクが含まれます。
  • Active Directory
  • 役割と許可

    役割と許可を編集するには:

    1. [ロールと権限] の [編集] ボタンをクリックします。
    2. 役割と許可の編集 の手順に従います。
  • ユーザー セッション情報
    この機能を使用すると、クラウド監視サービス (CMS) はユーザーとドメイン データを [レポート] ページのレポートに使用できます。無効にすると、以下の機能は使用できません。
    • [使用率] レポートの [一意のユーザー サマリ] 機能
    • [セッション履歴] レポート
    1. [ユーザー セッション情報] の [編集] ボタンをクリックします。
    2. この機能を有効にしておくには、デフォルト設定([はい])のままにして [保存] をクリックします。無効にするには、[いいえ] に設定して [保存] をクリックします。

    この設定は、「はじめに」ウィザードまたは [全般設定] でいつでも変更することができます。

    注: 仮想マシン(RDSH および VDI)のエージェントは、Horizon Cloud にデータを送信するためのアウトバウンド インターネット アクセスを必要とします。
[デスクトップ割り当て] デスクトップ割り当ての作成に関連するタスクが含まれます。
アプリケーション割り当て アプリケーション割り当ての作成に関連するタスクが含まれます。
  • RDSH イメージを作成するには:
    • [RDSH イメージの作成] の [設定] ボタンをクリックします。
    • [RDSH イメージの作成] の手順に従います。
  • アプリケーション ファームを作成するには:
    • [アプリケーション ファームの作成] の [新規] ボタンをクリックします。
    • ファームの作成 の手順に従います。
  • アプリケーション インベントリを確認するには:
    • [アプリケーション インベントリ] の[Go] ボタンをクリックします。
    • アプリケーションの説明に従って、[アプリケーション] ページでアプリケーションを確認して編集します。
  • 新しいアプリケーション割り当てを作成するには:

ページの下部にあるスライダを使用して、起動時に [はじめに] ページを表示するかどうかを指定できます。