[ID 管理] ページでは、Horizon Cloud 環境で使用する ID 管理プロバイダを追加、編集、および設定できます。

[ID 管理] ページには、現在設定されているプロバイダが表示されます。各プロバイダの以下の情報が含まれます。

  • ステータス - 設定されたプロバイダの現在のステータス。アイコンにカーソルを置くとステータスが表示されます。
  • Identity Manager URL - プロバイダの URL。
  • SSO トークンのタイムアウト:タイムアウト値(分)。
  • データセンター:データセンターの名前。
  • テナント アドレス:テナント アプライアンスのアドレス。

新しい ID 管理プロバイダを構成するには:

  1. [新規] をクリックします。
  2. 次の情報を入力します。
    フィールド 説明
    VMware Identity Manager の URL VMware Identity Manager インスタンスの URL。
    SSO トークンのタイムアウト タイムアウト値(分)。
    データセンター データセンターの名前。ドロップダウン リストから選択します。
    テナント アドレス テナント アプライアンスのアドレス。
  3. [保存] をクリックします。

既存の構成の情報を編集するには:

  1. 一覧表示されている構成を選択します。
  2. [編集] をクリックします。
  3. 次の情報を編集します。
    フィールド 説明
    SSO トークンのタイムアウト タイムアウト値(分)。
    テナント アドレス テナント アプライアンスのアドレス。
  4. [保存] をクリックします。

構成の 1 つを削除するには:

  1. リストで構成を選択します。
  2. [削除] をクリックします。
  3. [削除] をクリックして確認します。

Horizon Cloud による、構成された ID 管理プロバイダの使用法を設定するには、次の手順に従います。

注: この設定を変更する場合、更新内容が有効になるまでに最大 15 分かかる場合があります。
  1. [構成] をクリックします。
  2. 以下のように設定を編集します。
    フィールド 説明
    [リモート ユーザーを Identity Manager に強制的に登録] ID 管理プロバイダ以外によるリモート ユーザー アクセスをブロックするには、[はい] を選択します。そのプロバイダのステータスが緑色の場合にのみ表示されるオプションです。
    [内部ユーザーを Identity Manager に強制的に登録] ID 管理プロバイダ以外による内部ユーザー アクセスをブロックするには、[はい] を選択します。そのプロバイダのステータスが緑色の場合にのみ表示されるオプションです。
  3. [保存] をクリックします。